トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

【米国株】アイフォン発売前後にアップル株価はどう動く?

f:id:minamiblog:20170912003331j:plain

(カリフォルニア州クパチーノ市のアップル本社。撮影者はCoolcaesar氏〔19 April 2008〕出所はWIKIのクリエイティブコモンズ画像)

  アイフォンXが9月12日に発売される予定です。

 アイフォン6Sを使っている筆者は、元来「旧式でもいい」人間なのですが、多くの人が気にしているテーマなので、当ブログでは新商品の発売と「株価の推移」に焦点を当ててみます。

 アイフォン新型への期待度が株価にどう反映されるかを考えてみたいと思うのです。

アップル社の株価の推移

 今回の記事ではアイフォンの各バージョンが発売された日時前後に、アップル社の株価がどう動いたかをロイター社のデータから追ってみましょう。 

【アイフォンの発売とアップル社株価(終値)の動き】

★初代iPhone:2007年1月9日発表、6月29日発売

株価:12.25ドル(1/1)→18.82ドル(7/1)→28.3ドル(12/1)

★iPhone 3G:2008年6月9日発表、7月11日発売

株価:19.34ドル(1/1)→22.71ドル(7/1)→12.19ドル(12/1)

★iPhone 3GS:2009年6月8日発表、6月19日発売(日本は6/26)

株価:20.35ドル(6/1)→23.34ドル(7/1)→30.1ドル(12/1)

★iPhone 4:2010年6月7日発表、6月24日発売

株価:35.93ドル(6/1)→36.75ドル(7/1)→46.08ドル(12/1)

★iPhone 4S:2011年10月5日発表、10月14日発売

株価:57.83ドル(10/1)→57.86ドル(12/1)→85.65ドル(12年3/1)

★iPhone 5:2012年9月12日発表  9月21日発売(28日の国もあり)

株価:95.3ドル(9/1)→85.05ドル(10/1)→76.02ドル(12/1)→56.65ドル(13年6/1)

★iPhone 5s/5c:2013年9月10日発表、9月20日発売

株価:68.11ドル(9/1)→74.67ドル(10/1)→80.15ドル(12/1)

★iPhone 6/6 Plus:2014年9月9日発表、9月19日発売

株価:100.75ドル(9/1)→108ドル(10/1)→130.28ドル(15年5/1) 

★iPhone 6s/6sPlus:2015年9月9日発表、9月25日発売

株価:110.3ドル(9/1)→119.5ドル(10/1)→96.69ドル(16年2/1)

★iPhone7/7Plus:2016年9月8日発表、9月16日発売

株価:106.73ドル(9/1) →107.11ドル(11/15)→155.7(17年5/15)→161.58(9/11)

アップル株の買い時はいつだったのか?

f:id:minamiblog:20170912011929p:plain

(アップル社株価を各月平均値で見た時の変動図。左側の軸はドル。赤線はアイフォンの各バージョンの発売時点。傾向をつかむための大まかな図なので誤差があります)

 

 こうして見ると、株価が下がっているのはiPhone3G、iPhone5、iPhone6sの時です。

 ジョブズが死んだのは2011年10月5日。彼の時代の最後の商品が4Sなので、その次にあたるiPhone5は厳しい眼で見られたのではないかと思います。株価が急降下爆撃のようにどんどん下がっています・・・。しかし、このあたりの下がり目で株を買って持ち続けたら、さぞかし儲かったでしょうね。

 アップル社はiPhone5Sと6で挽回し、その後、6Sは伸び悩みつつ、株価を下げたという感じです。96.69ドルはiPhone6が出る前頃の値段なので、挽回以後、いったん株価は下がりました。

 iPhone7に関しては、トランプ当選の頃に最下限をつけた後、うなぎのぼりに急上昇。

 17年以降の急上昇に関しては、トランプラリーが沈んだ後、資金の投資先がIT企業に向かったためかもしれず、アイフォンだけを要因と見なすべきではなさそうです。

 筆者は過去のアイフォンを全部使っていないので、個々の商品のどれがよかったかは、正直、よく分かりません。

 また、アップル社には他の製品も数多くあるので、アイフォン以外の商品やアイチューン等のソフト要因も無視できません。

 このあたりは、他の商品の販売時期も含めた調査が要ります。

 他の要因も含めた分析を加えていきたいものです。