トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

米韓首脳会談で文在寅をトランプはどう「もてなした」のか?

f:id:minamiblog:20170701065610j:plain

(ホワイトハウスのキャビネットルーム)

  韓国の聯合ニュース(2017/6/28)では米韓首脳会談について、「トランプ氏 文大統領に破格の待遇へ=『最高のもてなし』」と題した記事を公開しています。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領がホワイトハウス前にある迎賓館「ブレアハウス」に3泊することや、破格のもてなしを行うことや、インドのモディ首相にしか開催しなかった夫妻での歓迎夕食会が開催されることを挙げ、最高のもてなしがなされると述べています。

 しかし、その結果は、どうだったのでしょうか。

米韓首脳会談の概要

 産経ニュース(7/1)ではその概要が報じられています(「北の挑発「決然と反応」 トランプ氏、年内訪韓へ」)

  • トランプ氏は核・ミサイル開発を進める北朝鮮の挑発に「決然とした反応が必要だ」「忍耐(の時期は)終わった」と発言。在韓米軍駐留経費の韓国側負担に関し、「公正な負担の分担が重要だ」と述べた。
  • 米韓自由貿易協定(FTA)の再交渉に入ったとトランプ氏は明かした
  • トランプ氏の年内訪韓が決まった。
  • 文氏は「北朝鮮の挑発は強い反応に直面する」と同国に警告。交渉の席に戻ることを要求。
  • 文氏は29日の米下院指導部との会談で「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に関する米韓合意を撤回しないことを表明。「単に前政権が合意に達したからという理由だけで軽く扱うことはできない」と配備の遅れを弁明(本格的な運用前に環境影響評価を実施する)。

 文大統領は持論の親北外交路線を出来る限り封印し、米韓同盟を強化することをPRしました。

 しかし、THAADに関して「環境影響評価」を実施することで配備を遅らせるという時間稼ぎを図っています。

 緊張感が高まった朝鮮半島の中で、かつての廬武鉉大統領のような「親北反米」外交をそのまま実践するのはリスクが高いと判断し、政権の安全運転を図ったと思われます。

トランプ大統領と主要閣僚の発言

 その後、ホワイトハウスで30日に公開された記事を見ると、聯合ニュースが述べたほどの「もてなし」がなされたとは思えません。

    トランプ氏と閣僚の発言はかなり厳しい内容です。

 米韓同盟は現状維持路線で合意がなされたように見えますが、今後、貿易・通商を巡って、アメリカと韓国の間で火花が散ることになりそうです。

 ホワイトハウスHPに掲示された、トランプ氏と主要閣僚の発言を通して、最後に、その「もてなし」の内実を探ってみます。

(出所:Remarks by President Trump, President Moon, Commerce Secretary Ross, and NEC Director Cohn in Bilateral Meeting(2017/6/30)※米国時間 

トランプ大統領の発言

 我々は主に2つのことを話し合うつもりだ。第1は北朝鮮。我々は昨晩に長い間、議論した。

And we're going to be discussing two things mostly, and number one would be North Korea, and we pretty much discussed that last night at length.

私は、非常に強く、強固な計画を持っている。

I think we have a very, very strong, solid plan.

第2はもちろん、貿易になる。貿易協定が締結されているが、米国と韓国にとって公正な取引をしたいからだ。

And number two is going to be, of course, trade -- because the trade deal is up, and we want to make a deal that's fair for the United States and fair for South Korea. So we’ll start doing that.

(略)

ロス商務長官の発言

韓国との貿易不均衡は、米韓自由貿易協定(KORUS treaty=U.S. - Korea Free Trade Agreement)が発効してから倍増した。その最も大きな単一の要因は自動車貿易だ。

The trade imbalance with South Korea has doubled since the KORUS treaty was put into effect, and the largest single component of that is automotive trade.

それが絶対的な多数だ。

That's an absolute majority of it.

したがって、米国の輸出には多くの非関税貿易障壁がある。

So there are a lot of non-tariff trade barriers to U.S. exports.

ビッグスリーの製造業者は1社あたり25000台しか、米国の基準に基づいた車の輸出が許可されていない。

Only 25,000 cars per Big Three manufacturer are allowed in based on U.S. standards.

それ以上の台数は韓国の基準にする必要がある。

Anything above that needs to be on Korean standards.

そうした規則の制定は多くの産業に影響を与え、米国企業が韓国市場にアクセスするのを実際に制限している。

So that kind of rulemaking affects quite a few industries and really restricts the access that U.S. companies have to the Korean market.

我々は、油田管状製品やその他の鉄鋼製品に関して別の問題を抱えている。

We have a separate problem with oilfield tubular goods and other steel products.

韓国には油田管状製品の国内市場がない。

There is no domestic market for oilfield tubular goods in Korea.

彼らが作るものはすべて輸出用だ。最近の取引事例でわかっているのは、米国に来る商品の大部分がダンピングされた中国製鋼材の熱間圧延コイルや油田管状製品であることだ。

So everything they make is for export, and we had recent trade cases demonstrating that a lot of that is dumped Chinese steel coming as hot-rolled coil and then coming back to the U.S. as oilfield tubular goods.

非常に具体的な問題がたくさんある。輸出側を変えるためにできることは、悪しき輸入を減らすために製品ごとの扱いを始めることだ。

So there are a lot of very specific problems, and I think the way to address it is to deal product by product with what we can do to change the export side and what we can do to reduce the bad import side.

(略)

ゲーリー・コーン(NEC議長)の発言

ご存じのように、貿易に関する最大の問題の多くは、中国との経済関係に伴うものだ。我々は、非常に大きな対中貿易赤字を抱えながら成長を続けている。

As you know, much of our biggest problem on trade has to do with our economic relationship with China, and we have maintained a very large trade deficit with China, and it continues to grow.

ウィルバー氏によると、中国は我々に対して、知的財産権(の侵害)や貿易障壁等、多くの略奪的な慣行に基づいて商取引を行っている。

As Wilbur said, China has many predatory practices in the way they deal with us, with intellectual property and trade barriers for us.

我々は中国への技術移転と中国での合弁事業を余儀なくされた。

We're forced to transfer technology into China, forced to have joint ventures in China.

我々には関税と非関税障壁がある。中国企業を所有できない。

We have tariffs and nontariff barriers; unable to own companies in China, as well.

(略)

トランプ大統領の発言(2)

事実、米国は多くの国々との貿易赤字を抱えている。これは続けられない。容認できない。

The fact is that the United States has trade deficits with many, many countries, and we cannot allow that to continue.

今すぐ韓国から始めたい。

And we’ll start with South Korea right now.

これは私がすべての貿易について行う陳述だ。

But we cannot allow that to continue.

何年もの間、米国は巨額の貿易赤字で苦しんできた。我々は20兆ドルの借金を抱えている。だから、我々はそれを変える。

This is really a statement that I make about all trade.  For many, many years, the United States has suffered through massive trade deficits.That's why we have $20 trillion in debt. So we’ll be changing that.

良いニュースは、我々が素晴らしい製品を作っているということだ。

The good news is we're making great products.

ご存知のように、軍隊のために、韓国は非常に大きな注文を米国に出した。

And I appreciate very much they're giving -- South Korea is giving very, very big orders to the United States for -- as you know, for military. 

彼らはロッキードマーティンから多くのF-35戦闘機と他の軍用機をかつてないほどのレベルで購入している。

They're buying many F-35 fighter jets from Lockheed, and they're buying other military equipment at a level that they've never reached before. 

(略)

私もまた、アラスカ州や他の州などに天然ガスがあることを知っている。

Also, I understand you're dealing with Alaska -- great state -- on natural gas, and other parts of the United States.

我々には天然ガスがたくさんある。それを商うことが大好きだ

We have a lot of natural gas, so we love that you're going to do that.

これらのすべては実質的な貿易赤字を減らすだろう。

And things like that will bring down the trade deficit substantially.