トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

「ヒアリ」上陸 毒で刺された時の対策とは 

f:id:minamiblog:20170618200456j:plain

(神戸ポートピアホテルからの眺め。出所はWIKI画像)

  神戸にある人工島ポートアイランドのコンテナに入っていた「ヒアリ」(強毒アリの一種)が6月16日にコンテナ保管場所から30mほど離れたアスファルト舗装の亀裂部(3カ所)に潜んでいたことが確認されました(発表は18日)。

 その後、ヒアリは駆除されたものの、その数は約100匹とも言われており、その広がりが警戒されています。

 小型の昆虫であるヒアリが逃げ、その数を増やしていく可能性は否定できないので、全国に港を持つ日本にとって、これは要注意のニュースです。 

 当ブログは昨日に名前を変えたばかりなのに、筆者の習性は変わらず、ついつい気になるニュースを拾ってしまったわけですが、国民の安全に関わる情報でもあるので、その経緯と対策等を紹介してみます。

「ヒアリ」上陸と発見の経緯

 その経緯を「神戸新聞NEXT|社会|強毒ヒアリ、刺されたらどうする? 専門家に聞く」(6/16)で見てみます。

 「尼崎市南部で5月26日、中国広州市の南沙港から貨物船で運ばれたコンテナ1個(長さ約12メートル)の中から発見された。環境省外来生物対策室によると『確認できただけで数百匹以上。卵や幼虫、さなぎもいた。コロニー(集団)をつくっていた』。家電製品が入っていたコンテナだった」

 貨物船は25日まで補完され、「神戸から車両で尼崎市南部まで運び、同26日に積み荷を取り出す際に、アリのコロニーが見つかった」。

 その後、サンプル調査が行われ、「神戸市東灘区に陸送し、6月1~5日に業者がアリを死滅させた後、9日、ヒアリと確定した」。

 他の記事に比べると詳しいので、ヒアリ発見の恐怖感が伝わってきます。

 その後、6月16日に神戸港の保管場所近辺の舗装亀裂部でもヒアリが100匹発見され、18日に詳細が発表されました。現在、神戸市は対策本部を設置し、県民に警戒を呼びかけています。

 まるで「輸出品」のように送られてきた「ヒアリ」ではありますが、故意にではなく、過失で日本に来てしまったと信じたいところです。

「ヒアリ」ってどんなアリ?

 ヒアリは国立環境研究所の「世界の侵略的外来種ワースト100」にもランクインしています。以下、同研究所のデータベースを見てみます(出所:ヒアリ / 国立環境研究所 侵入生物DB

 f:id:minamiblog:20170618200704j:plain

(出所はWIKI画像)

  • 分類:ハチ目 スズメバチ上科 アリ科 
  • 英名:Red imported fire ant, RIFA
  • 分布地:南米
  • 形態や生息環境等:ワーカーは多型で,体長2.5mm~6mm.体色は赤褐色,腹部が暗色。草地など比較的開けた環境に生息。亜熱帯~暖温帯に適応。
  • 繁殖生態:有翅虫はいつでも繁殖可能だが、繁殖が盛んなのは春から夏。結婚飛行は春から晩秋まで行われる。産仔数は約30~70個

 日本で言えば、生息に適した温度はちょうど今頃になります。そして、繁殖にも適した季節に初上陸を果たしたことになります。結婚飛行も盛んらしく、なかなか元気ハツラツとした生物です。

 何を食べるのかというと、節足動物やトカゲ等の小型脊椎動物,甘露,樹液,花蜜,種子などが挙げられています。アリなので、やはり雑食性です。

 特に気になるのは、1930年頃にアメリカにヒアリが入ってきた経緯です。

 「船荷に伴って持ち込まれた」とされ、「近年,オーストラリア,ニュージーランド,マレーシア,台湾,中国南部など環太平洋諸国に急速に分布を拡大している」とも書かれています。

 侵入経路は不明とされていますが、恐らく船荷か何かでしょう。

ヒアリに刺されたら、どうなる

 産経ウェスト(2017/6/14)は「ヒアリは、赤茶色で体長2・5~6ミリ。攻撃性が強く、刺されると痛みや発熱、激しい動悸のほか、アレルギー反応によるアナフィラキシーショックを起こす恐れがあり、米国では多くの死者が出ている」と警戒を促しています(「強毒で死亡も 初確認の「ヒアリ」中国→神戸港→尼崎」)

 「アナフィラキシーショック」という謎の言葉が各紙に飛び交っていますが、WIKIでは「I型アレルギー反応の一つ」と説明されていました。

 説明が専門用語の連続なので、筆者には意味不明だったのですが、コトバンクの「知恵蔵」での説明を見ると、「外部からアレルゲンが体内に入ることで急激に引き起こされる全身性の強いアレルギー反応のためにショック状態になること」と書かれていました。アレルゲンというのは、アレルギーを引き起こす物質のことです。 

 解説が全然一般人向けではないため、分かりにくいのですが、ヒアリに刺された場合、ショックで倒れたり命を失ったりする危険性があるわけです。

 NHKニュースWEB(6/14)は、すでにアメリカでは年間100人以上が死亡しているとも指摘していました。

ヒアリに刺された時にやるべきこと

 前掲の「神戸新聞NEXT|社会|強毒ヒアリ、刺されたらどうする? 専門家に聞く」(6/16)では、関西福祉大(赤穂市)の勝田吉彰教授(56)が以下のように述べていました。

  • (ヒアリは)「小さな動物なら集団で食い殺してしまうほど攻撃的」
  •  刺された後の反応は耐性で差が出るが、「重度の場合、刺されて数分から数十分の間に声がかれ、息苦しさや激しい動悸、めまいなどを起こすことがあり、昏睡状態になって、生命の危険も伴う」
  • 「ハチ毒アレルギーを持つ人は特に注意が必要」(毒の成分が共通)。
  • 刺された場合は「20~30分程度、安静にし、体調の変化がないか注意するべきだ」。容体急変時は「病院ですぐに治療が必要」
  • 「ヒアリを発見したときは、素手で触らない」「熱湯をかけて駆除する方法もあるが、まずは近畿地方環境事務所野生生物課や保健所、警察へ連絡をしてほしい」

「ヒアリ」の広がりに要警戒

 こうして見ると、ヒアリ上陸というのは、かなり怖い話です。何しろ小さく、外見上、素人には即座に見分けがつかないので、日本各地に広がっていく恐れがあります。

 日本各地に港があるので、そこに積み込まれたコンテナの全てに対して、ヒアリがいないことを確認するのは、そうたやすいことではないでしょう。

 筆者は10年以上昔に、ペットボトルのフタをつくる企業で検品をしていたことがありますが、コンベアを流れてくるフタの不良品でさえ、検品部門で月に1度ぐらいは致命的なミスの見落としがあり、製品差し止めが起きていました。

 アリが100匹もいれば気づくこともありましょうが、もし数匹~十数匹ぐらいの単位で入ってきた場合は、そんな簡単には分からないかもしれません。

 もともとは南米産のアリですが、もはや中国や台湾では上陸を果たしているので、長い目で見た時に、日本が水際で完全ストップするのは、容易ではないと考えたほうがよさそうです。