トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

トランプ政権のインフラ政策 30秒でわかる説明動画

f:id:minamiblog:20170618130117j:plain

(出所はWIKI画像)

  今回はトランプ政権のインフラ投資のプランがよくわかる動画を紹介してみます。

「アメリカのインフラを再建するトランプ大統領の計画」と題してホワイトハウスHPで6月8日に公開された30秒ほどの動画です。

 トランプ大統領に対してはコミー元FBI長官の証言等を中心にして、引きずりおろしキャンペーンが続いていますが、それよりも大事な政策を早く実行してほしいものだと思います。

 確かにトランプ氏の言動には疑わしい面もありますが、今のキャンペーンは同政権の政策の是非よりも、同氏への怨恨だけで進んでいるような気がしてなりません。

 以下、動画とHP記事の英文を日本語訳してみます。

インフラ政策説明動画

 ホワイトハウスHPの説明動画を埋め込んでみます。

(出所:President Trump’s Plan to Rebuild America’s Infrastructure | whitehouse.gov

「アメリカのインフラを再建するトランプ大統領の計画」

アメリカのインフラ再建は経済成長と雇用の相続を促進するトランプ大統領の主要政策の柱だ。
Rebuilding America’s infrastructure is a critical pillar of President Donald J. Trump's agenda to promote job creation and grow the U.S. economy.

アメリカのインフラが世界(ランキングで)12位になったことは容認しがたい。

America's infrastructure has fallen to 12th in the world and that is unacceptable.

どのアメリカ人も道路、鉄道、港、空港を頼りにしている。トランプ大統領は未来の世代に負担を押し付けることなく、この問題に取り組むことを公約した。

Every American depends on our roads, rails, ports, and airports, and the President is committed to fixing this problem, not just pushing more liabilities onto future generations.

今日(5月8日)、大統領はオハイオ州のシンシナチで、彼はインフラ政策を宣伝した。

Today, the President was in Cincinnati, Ohio, where he announced his infrastructure initiative.

インフラ投資の期間短縮(10年⇒2年)

Lower the average permit time from 10 years to 2 years

トランプ大統領の規制改革は成長と投資を促進する。

President Trump’s regulatory reforms will spur growth and investment.

投資を一気に進めるために、大統領はこれらのインフラ計画を実行する期間を、許認可を得るための規制を削減することで10年から2年に大幅に縮める。 

In order to jumpstart investment, the President aims to dramatically reduce permitting time for these infrastructure projects from 10 years to 2 years and to get a “yes” or “no” quickly by slashing regulations.

我々の都市や州を再建するための民間資本を活かし、専門家を登用する。

Unleash private sector capital and expertise to rebuild our cities and states.

大統領の計画は都市や州を再建するために民間資本と専門家を活用することでアメリカを活気づかせる。

The President’s plan will make America dominant by unleashing private sector capital and expertise to rebuild our cities and states.

地方インフラへの投資

(Invest in rural infrastructure)

大統領は我々の壊れた(インフラ)システムに1兆ドルの投資をすべく、2,000億ドルの予算をインフラ投資に計上した(※予算教書のこと)。

The President has dedicated $200 billion in his budget for infrastructure that can be leveraged for a $1 trillion investment into our crumbling systems.

農村インフラへの投資は大統領の計画の主要部分だ。

Investing in rural infrastructure is a key part of the President’s plan.

変革的なプロジェクトでインフラ政策を見直す

(Reimagine America's approach to infrastructure with transformative projects)

大統領の計画はアメリカのインフラへの取り組みを変える大胆かつ斬新な変革的プロジェクトに投資する予定だ。

The President’s plan will also invest in bold new transformative projects that will change America’s approach to infrastructure. 

大統領の計画はスキルに基づいた見習い教育に焦点を当てた労働者への教育構想で未来のアメリカを準備する。

The President’s plan will also make America ready for the future with a work-force training initiative focused on skill-based apprenticeship education.

トランプ政権のインフラ投資の要点

f:id:minamiblog:20170618115210p:plain

(出所:ホワイトハウスHP  President Trump’s Plan to Rebuild America’s Infrastructure | whitehouse.gov

  • インフラ資金:2000億ドル(22兆円程度)
  • 許認可を得る時間の削減:8年間
  • 地方インフラ投資:250億ドル
  • 地方インフラ投資への優先予算枠:1000億ドル
  • 変革プロジェクト(労働者教育):150億ドル
  • 2年間で教育実習を行う労働者の規模:100万人

トランプ大統領の計画はこれらの課題に直接的に取組み、米国インフラを世界一にするための新政策を実施する。

 President Trump’s plan addresses these challenges directly and implements new policies to make America’s infrastructure second to none.

※トランプ政権は10年間で1兆ドル(110兆円規模)のインフラ投資を実現することを目指し、そのうち2000億ドル(22兆円)程度を政府予算で実現する予定。

インフラ投資のための諮問委員会を新設

 6月10日のロイター記事(2017/6/10)は「トランプ氏、インフラ案件認可プロセス加速へ」と題した記事で、同政権の許認可行政見直しの取り組みを紹介してみます。

 トランプ氏が「驚くほど緩慢かつコストや時間のかかる認可プロセスが、必要に迫られたインフラ刷新における最大の足かせのひとつになっている」と述べ、「ホワイトハウスが『大規模な認可プロセス改革』を進め、インフラ整備のプロジェクト担当者を支援する諮問委員会を新設する方針を明らかにした」と報じています。

 具体的には、認可の過程を確認できるデータベースをつくることで、許認可が進んだのかどうかを誰もがチェックできるようにします。そして、期限を守らず、計画を遅らせる「お役所仕事」をしている政府機関に厳罰を科す方針だとされています。

 こうしてみると、アメリカでも許認可行政がインフラ投資の実現を阻む壁になっているようです。

 例えば、ニューズウィーク日本語版(2017/5/2)では許認可行政の問題点を指摘していました。ポセイドン・ウォーター社が1990年代末にカリフォルニア州ハンチントンビーチに海水脱塩プラントを建設する計画を提案したのですが、認可取得過程が始まったのはは2000年代初頭。承認されたのは2006年。その後、複数の州機関から24の許可が必要になったそうです。

 米国は「合衆国」なので、中央政府の権限と地方政府の権限が複雑に錯綜しているわけです。

 今後、インフラ投資は議会での予算承認と許認可の壁を破ることができるかどうかが、政策実現の要となります。