トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

貧困からのしあがった9人の富豪 ビリオネア・マインドって何だろう

f:id:minamiblog:20161008062446j:plain

(出所はWIKI画像)

  フォーブス(2017年7月号)では「貧困から世界的富豪にのし上がった経営者たち」(P43)という記事が掲載されています。

 そこに紹介されている富豪9人はいずれも恵まれない出自から豊かになったツワモノぞろい。

 その前のページ(P42)ではビリオネアの出自比率も書かれていました。

  • 貧困:23%
  • 労働者階級:17%
  • 中流階級:30%
  • 上流中流階級:21%
  • 富裕層:9%

 そして、初めて100万ドルを稼いだ年齢も調査。

  • 20歳以下:2.1%
  • 生まれつき億万長者:8.5%
  • 41~50歳:8.5%
  • 31~40歳:21.3%
  • 21~30歳:59.6%
  • 50歳以上:0%

 格差社会といわれながらも、意外と中流以下からも富豪が出てきています。

 まだまだチャンスはたくさん残っているのかもしれませんね。 

 今回は、貧困からのしあがった9人にスポットライトを当ててみます。

(※同誌は、ビリオネア・マインドとしては以下の5点が重要だとしています)

  • 共感力と想像力で未来を描く(発想力)
  • 最速で動き、ゆっくりと待つ(時間の使い方)
  • 創造的にルーティンワークをこなす(行動を工夫する)
  • 現在の金銭的損失よりも将来の機会損失を恐れる(リスクについての発想転換)
  • 自分と正反対の人を仲間にする(仕事相手の選択)

ラリー・エリソン(555億ドル)

 ローレンス・ジョセフ・エリソン氏はニューヨークで1944年8月17日(現73歳)に生まれました。

 未婚の母は生後9ヶ月のラリーをシカゴの叔母と叔父に預けています。ラリーは実母を知らずに育ち、48歳の時に初めて対面したそうです。

 エリソンはシカゴの「中の下」ぐらいの生活レベルで育ち、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に二年生まで通い、退学。1970年代にアンペックス社でプログラマーとして働き、その後、CIA等の公的機関や民間企業向けのビジネスを始めます。1983年に社名をオラクル社に変更。86年に上場を果たしました。

  オラクルの共同創業者であるエリソンは、企業や政府向けビジネスで大をなし、現在は555億ドル(世界ランキング7位)の資産を保有しています。

李嘉誠(328億ドル)

 李嘉誠(Li Ka Shing)氏は1928年6月13日(現88歳)に中華民国広東省潮州市に生まれました。

 現在、シイ・ケイ・ハチソン・ホールディングス(長江和記実業)の会長を務めています。

(長江実業グループとも表記される)

 1928年に広東省潮州市に生まれ、戦火から逃れ、1940年に家族と香港に逃れました。

 その後、第二次大戦に伴い、香港も日本領になり、父も亡くなったので、12歳で腕時計の工場で働くことになりました。中学は卒業。高校を中退してセールスマンとなっています。

 その後、1949年香港にプラスティックの工場を作り、造花の「ホンコンフラワー」を売り出します。1958年に不動産業に転身。長江実業有限公司を設立して香港最大の不動産ディベロッパーとなりました。

 89年の天安門事件後、外国企業が中国から避難した時、中国投資を拡大して香港最大の企業集団として台頭しました。 

 現在、328億ドルの資産を持ち、ランキング19位の富豪になっています。 

ジャン・コウム(ヤン・コウムとも表記:95億ドル)

 ジャン・コウムは1976年2月24日 (現41歳)にウクライナのキエフのユダヤ人家庭で生まれました。

 16歳の頃、母親と一緒にマウンテンビューに移民しました(サンノゼ州立大学卒)。八百屋の床掃除をして稼いだり、ヤフー退職後に生活保護を受けるまでに至りましたが、メッセンジャーアプリ<WhatsApp>を2009年(当時33歳)に創業。現在は同事業をフェイスブックに2014年に売却。Facebookの執行役員になっています。

 総資産は95億ドル(世界ランキング140位)。

ロマン・アブラモビッチ(87億ドル)

 ロマン・アルカディエヴィッチ・アブラモヴィッチ氏は1966年10月24日(現50歳)にサラトフに生まれました。

 ユダヤ系ロシア人の新興財閥(オリガルヒ)として知られています。石油事業を経営し、個人的な投資会社ミルハウス・キャピタルのオーナーでもあります。政治的には、チュクチ自治管区知事を務めたこともありました。

 母は1歳、父は3歳の時に死に孤児として育ちました。1992年の自由化に乗じて商売を始め、石油取引業で巨万の富を得ました。ボリス・ベレゾフスキーの石油企業シブネフチや自動車販売等を担う複合企業ロゴヴァスの管理を任せられ、95年にはP.K.トラストを設立。96年にはシブネフチ取締役。その後、ベレゾフスキーはプーチン政権に逮捕されます。しかし、アラモビッチは同政権下でも逮捕を免れています。2002年から2005年には大規模な資産売却を行いました。

 現在は87億ドル(世界139位)の資産を持っているとも言われています。

シャヒド・カーン(87億ドル)

 シャヒド・カーン氏は1950年7月18日(現66歳)にパキスタンのラホールに生まれました(父は小さな建設会社を経営)。16歳で渡米した時には泊まる場所もなく、お金は500ドルしか持っていませんでした。

 米国ではYMCAに泊まり、皿洗いのアルバイトから仕事を始めます。

 20歳でイリノイ大のアーバナ・シャンペーン校を卒業(機械工学専攻)し、地元の自動車改造メーカーに就職。

 自動車改造部品は格安市場だったので、カーン氏は競合が少なく、イノベーションを起こせると見て、1978年にパンパー・ワークス社を立ち上げます。その後、GMやいすゞ、トヨタ等と組んで事業を拡大しました。

 現在、87億ドル(ビリオネアランキング158位)の資産を持ち、NFLのアメフトチームの「ジャクソンビル・ジャガーズ」のオーナーをしています。

ハワード・シュルツ(32億ドル)

 スターバックス前CEOのハワード・シュルツ氏はニューヨークのブルックリンでユダヤ系ドイツ人移民の退役軍人の子として1953年7月19日に生まれました。

 ブルックリンの公営住宅で育ち、父が怪我をし、失業後は貧困を経験しています。

 アメリカンフットボールの特待生としてノーザン・ミシガン大学を卒業。ゼロックスに入社し、雑貨会社の副社長に転じました。4店舗しかなかった頃にスターバックス社を知りました。1982年に同社に入社。85年に独立。エスプレッソ小売店を創業し、87年に400万ドルでスターバックス社を買収し、世界規模にまで発展させています。

  現在の資産規模は32億ドル(660位)です。

ジョン・ポール・デジョリア(31億ドル)

 ジョン・ポール・デジョリア氏は1944年4月13日にカリフォルニア州でイタリア移民の父とギリシャ移民の母の家庭で次男として生まれます。2歳の頃に両親は離婚。9歳の頃には家族を支えるために働き、最後には児童養護施設に送られました。

 少年期には不良となりましたが、数学教師の指摘で心を改め、高校卒業後、2年間、海軍入りし、ビルの管理人、百科事典訪問販売員、生命保険販売員等を転々としましたが、大不況の頃に頭髪用品製造会社の「ジョン・ポール・ミッチェル・システムズ」を創業。現在は31億ドルの富豪(630位)になっています。

 若いころはシャンプーの訪問販売をし、自分の車の中で寝ていたそうですが、ホームレスから億万長者にまで出世しました。この人は「100回断られてもあきらめず、101回目のドアをノックせよ」「成功する人は成功しない人がやろうとしないことを自ら好んでやる人のことだ」「分かち合わない成功は失敗である」等の標語を掲げています。

オプラ・ウィンフリー(29億ドル)

 オプラ・ゲイル・ウィンフリー氏は20世紀以降のアメリカで、一番お金持ちのアフリカ系アメリカ人です(保有資産29億ドル/660位)。

 「世界で最も有力な女性」とも称されるカリスマTV番組司会者で、慈善家としても知られています。

 ミシシッピ州のミルウォーキーで未婚の10代のカップルのもとで生まれ(1954年1月29日:現63歳)、子供時代は祖母や父、母のもとを転々としました。奨学金を得てテネシー州立大学で学び、ボルチモアやナッシュヴィルのテレビ局で働くようになりました。19歳の時に夕方のローカルニュースでアドリブを評価され、シカゴの地方局で昼間のトーク番組を担当するようになります。

 オプラは『オプラ・ウィンフリー・ショー』の司会者となり、現在、昼間のトーク番組で最も高い視聴率を稼いでいるとも言われています。テレビドラマや映画にも多数出演。慈善活動では推計250億円を寄付したそうです。

 政治的には、オバマ大統領の有力な支援者でした。 

デビッド・マードッグ(26億ドル)

 食品会社「ドール」元会長のデービッド・マードッグ氏は現在、94歳です。

 マードッグ氏は1923年4月11日にミズーリ州のカンザスシティに生まれました。高校生の頃にドロップアウトし、1943年に陸軍に入ります。

 第二次大戦で兵役から復員し、その後、ホームレス生活をしていましたが、1800ドルを借りて起業します。

 初期は不動産やレストラン事業を行い、1985年に食品企業のドールを始めます。 

 5回結婚し、120歳まで生きることを目指しているので、この人は、元気な高齢者の見本のような人なのかもしれません。現在は26億ドルを持ち、世界ランキング745位の富豪です。