読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからやりなおす「政治と経済」

政治と経済について、いまさら聞けない知識を整理しつつ、ニュースがよりよくわかるデータを紹介していきます。

フォーブスが「世界で最も革新的な成長企業のランキング」を公開 有望株はどこだ

f:id:minamiblog:20170519070112j:plain

(イタリアのローディ・ガルガーニコ。出所はWIKI画像)

  フォーブス誌のHPで「世界で最も革新的な成長企業」(Most Innovative Growth Companies)のランキングが5月17日に公開されました。

 今回のランキングの対象になるのは企業価値が20億~100億ドル(約2200億~1兆1200億円)の公開会社で、もっと大きな企業を対象にしたランキングが6月にアップされます。

 これは、今後、大きくなると見込める有望企業のランキングなので、すでに十分に大きくなった企業とは別のカテゴリーになっているようです。

 ランキングを作成したのは、ブリガム・ヤング大学のジェフリー・ダイアー教授(戦略論)とマサチューセッツ工科大学リーダーシップ・センターのハル・グレガーセン氏(エグゼクティブディレクター)です。

 何をもって革新的な成長企業とするかの評価は人それぞれなので、このランキングに必ずしも納得できるわけではないでしょうが、その中に自分が今まで気づかなかった有望企業を発見できれば、一見の価値はあったと言えるのかもしれません。

 元記事には企業の紹介がついていないので、ランキングに簡単な企業の説明をつけた形で、そのリストを見てみたいと思います。

世界で最も革新的な成長企業?

 第一位に輝いたのはイギリスのオンライン不動産仲介サービスの大手であるライトムーブ(Rightmove)社。

 フォーブス社の記事では、「ネットワーク効果(新規ユーザーが1人増えるたびにプラットフォームの価値が増すという考え方)により成功を収めた」ことと、ピーター・ブルックスジョンソンCEOが「従業員に対しては何かアイデアを思い付いたらすぐに共有するよう促している」ことに着目しています(一人でアイデアを練ると周囲から問題点が指摘されにくくなるため(参照記事:「世界で最も革新的な成長企業」ランキング 日本トップは5位のエムスリー 2017/5/18)。

 第二位は、米サンディエゴの医療機器メーカー、デクスコム(Dexcom)社。糖尿病管理機器をつくっています。

 前掲記事では、製品に少しずつ細かな改良を加えることよりも、大幅な刷新を行ったことが功を奏したと指摘しています。そのほか、アルファベット(グーグルの親会社)傘下のベリリー・ライフ・サイエンシズと提携していることにも言及されています。

 第三位は、イギリスのASOS社。この企業はオンラインショッピングサイトASOS.comの運営と自社ファッションブランドを展開しています。

 第四位は、米国の製薬・医療企業であるInsulet Corp社。インシュリンの管理や注入を司るシステムを販売しています。

 第五位でやっと日本企業の医療情報サイト大手のエムスリーが出てきます。

 第六位のモノタロウ(工具通販大手)も日本企業です。

 そのほか、日本企業では、21位にカカクコム、25位に日本M&Aセンターがランキングに名をつらねました。

1位~10位の顔ぶれ

※以下、「企業名(国名)5年平均売上高成長率/5年平均純利益成長率/時価総額(B=10億ドル)/業種」を表記。完全版は以下のページ(英語)で公開されています。

(出所:The World's Most Innovative Growth Companies List) 

  1. ライトムーブ(英国)14.6%/19.3%/ $4.6B/ITソフトウェア&サービス
  2. デクスコム(米国)52.4%/?/$6.7B/ヘルスケア機器とサービス
  3. エイソス(英国)19.1% /17%/$6.1B/不動産
  4. インシュレットコープ(米国)18.2%/?/$2.6B/ヘルスケア機器とサービス
  5. エムスリー(日本)23.3%/19.2%/$8.1B/ヘルスケアテクノロジー
  6. モノタロウ(日本)15.9%/28.2%/$3.7B/工業用資材
  7. ウルティメイトソフトウェアグループ(米国)23.5%/39.5%/$5.7B/ITソフトウェア&サービス
  8. パンドラメディア(米国)38.7%/?/$2.7B/ソフトウェアサービス
  9. アテナヘルス(米国)28%/3.5%/$4.5B/ヘルスケア機器とサービス
  10. 達安基因(中国)30.1%/7.7%/$2.4B/製薬、生化学、ライフサイエンス

10位~25位の顔ぶれ

  1. ACAD(Acadia Pharmaceuticals:米国)12.8%/?/$4.5B/製薬、生化学、ライフサイエンス
  2. カーセールスコム(carsales.com:豪国)10.4%/6.2%/$2.1B/ソフトウェアサービス
  3. ジロー・グループ(Zillow Group:米国)69.1%/?/$6.6B/ビジネスサービス&サプライ
  4. YOOK(Yoox Net-a-porter Group Spa:イタリア)35.2%/19%/$3.1B/不動産
  5. コースターグループ(米国)27.2%/51.5%/$6.7B/ITソフトウェア&サービス
  6. GSK(Glaxosmithkline Pharmaceuticals:インド)3.9%/17.1%/$3.6B/製薬、生化学、ライフサイエンス
  7. オプコヘルス(米国)109.4%/?/$4.5B/製薬、生化学、ライフサイエンス
  8. Procter & Gamble Hygiene & Health Care(米国)11.6%/14.8%/$3.4B/家庭用品
  9. 広東奥飛動漫文化(中国)26.5%/33.5%/$4.1B/耐久消費財
  10. 新松機器人自動化(中国)19.4%/21.4%/$5.1B/ロボットメーカー
  11. カカクコム(日本)9.5%/13.5%/$3.1B 71.3%/ITソフトウェア&サービス
  12. タイラーテクノロジー(米国)19%/30.6%/$5.7B/ビジネスサービス&サプライ
  13. アビオメド(米国)28.3%/94.5%/$5.4B/ヘルスケア機器とサービス
  14. ドミノピザ(米国)24.6%/23.7%/$3.9B/ホテル、レストラン、レジャー
  15. 日本M&Aセンター 16.3%/20.9%/$2.6B/M&A仲介サービス

医療系、ネット系が多いような気がする

 何となく、医療系企業とネット系企業が多いような気がしてなりません。

 これはランキングをつくった人の好みなのか。それとも時代のトレンドなのか。

 5年単位ではかっているので、16年秋以降のトランプ相場でヘルスケア株が上がったことだけが要因ではないのかもしれません。

 いずれにせよ、参考情報の一つなので、過度な信用を持たずに、自分が見落としている企業をチェックする程度にとどめておいたほうが無難でしょう。