読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからやりなおす「政治と経済」

政治と経済について、いまさら聞けない知識を整理しつつ、ニュースがよりよくわかるデータを紹介していきます。

トランプ予算 軍事費6兆円増 活気づく防衛系大手 日米同盟にはプラスの効果も

f:id:minamiblog:20170228060048j:plain

(米軍LCS。出所はWIKIパブリックドメイン画像)

  トランプ大統領が軍事費を6兆円増やすことを表明しました。

 これは 28日の議会演説(上下両院合同本会議)を視野に入れた発言です。

 オバマ政権で削減が続いた軍事費が増額路線となり、公約通り、米軍再建が開始されます。

 オバマケアや海外援助予算などは削減されるので、日本共産党の主張とは真逆の「福祉を削って軍事費を増やす」予算がアメリカで実現することになりそうです。

(国際政治に関して筆者はリアリストなので、共産党や朝日新聞などとは逆張りタイトルになりました)

 今回は、この大規模な政策転換を追ってみます。

米軍事費6兆円増 活気づく軍事系大手

 まず、日経電子版でこのプランの概要を見てみます(「軍事費6兆円増へ トランプ氏『歴史的拡大』巨額インフラ投資にも言及」2017/2/28)

 【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスで州知事らと会談し、2018会計年度(17年10月~18年9月)予算案の概要を説明した。軍事費について「歴史的な拡大となる」とした。米メディアによると、軍事費は17年度の約1割にあたる540億ドル(約6兆円)増やす。トランプ氏は「米軍の再建」を掲げていた。「巨額のインフラ投資をする」とも述べた。

 ・・・

 軍事費増額の代わりに外交を担当する国務省、地球温暖化対策を担当する米環境保護局(EPA)などの予算を540億ドル分削るという。

 ・・・

 治安対策や司法機関の予算も強化する。トランプ氏は「再び戦争に勝ち始めなければならない」としたうえで、今回の予算は「公共安全と国家安全保障の予算になる」と説明した。

 当然ながら、国防予算が増えれば軍需産業は活気づきます。

 トランプの最近の発言(核軍備増強等)を反映してか、現在、防衛系大手の株価は上昇傾向を見せています。

★ボーイング(BA)

132.99(9/6)⇒147.69(11/10)⇒155.68(12/30)⇒179.54(2/27)⇒182.18(3/3)

★ロッキードマーティン(LMT)

266(8/12)⇒230(10/21)⇒238(11/8)⇒267(11/14)⇒250(12/30)⇒269.35(2/27)⇒267.76(3/3)

★ノースロップ・グラマン(NOC)

213.95(9/30)⇒251.12(11/14)⇒232.58(12/30)⇒248.62(2/27)⇒242.93(3/3)

★レイセオン(RTN)

132.97(11/4)⇒149.73(11/14)⇒142(12/30)⇒155.03(2/27)⇒153.75(3/3)

★ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX) 

109.33(8/18)⇒98.67(10/21)⇒108.86(11/11)⇒109.62(12/30)⇒112.85(2/27)⇒112.34(3/3)

そもそも米予算はどうなっている・・・

 日経報道は過去の米予算の中身まで教えてくれないので、外務省HPで概要を見てみます。2016年2月9日時点でオバマ大統領が出した2017年の予算教書では、どのようにお金が配分されていたのでしょうか(以下の図表とデータの出所:2017年度予算教書 | 外務省)。

★2017年度予算案(歳入):約3兆4770億ドル

f:id:minamiblog:20170228045035j:plain

★2017年度予算案(歳出):約4兆890億ドル

f:id:minamiblog:20170228045050j:plain

 歳入から歳入を引くと、「2017年度の財政赤字は 5,030億ドル(対GDP2.6%。昨年度は3.3%)」。

 軍事費の上限を抑制したはずのオバマ政権でも6050億ドルが軍事費に使われています。トランプ政権の6兆円増だと、8%増ぐらいに相当するのでしょうか。

 冷戦期につくられた大陸間弾道ミサイルが老朽化しているので、アメリカはその更新費用を捻出しなければいけなくなっています。その予算は30年間で1兆ドルを要するとも言われているので、ロシアや中国に対峙し続ける上で、やはり、軍事費の増額は不可避だと言えます。

(※トランプ氏は2010年にオバマ政権がロシアと合意した「新戦略兵器削減条約(新START)」を見直す方針。「一方的な取引だ」と批判している)

 トランプ氏は米海軍艦艇を276隻から350隻に増やすことを訴えてもいるので、こちらにも巨額の費用がかかります。

 軍事費の上限抑制が終わるという意味では、本年に出されるトランプ大統領の予算教書が一つの歴史の境目になるのかもしれません。

軍事費増の背景は何? トランプ発言を追ってみる

 フォックスニュースの記事でトランプ氏の発言を見てみます(日本語訳は筆者挿入)。

トランプ大統領は「次期計画における歴史的な540億ドルの防衛予算増額と他の予算の削減」の実現を模索している。

President Trump plans to seek what he’s calling a “historic” $54 billion increase in defense spending, while pursuing cuts elsewhere in the federal government, as part of his upcoming budget plan.

・・・

「この予算は公共の安全と国家安全保障のための予算になる」とトランプ氏は述べた。

“This budget will be a public safety and national security budget,” Trump said.

彼は、そのプランに「枯渇した軍を再建するための歴史的な防衛費の拡大」が含まれることを明かした。

He said the plan would include a “historic increase in defense spending to rebuild the depleted military.”

大統領は、戦争を抑止するだけでなく、起きてしまった戦争に勝つためにも、軍に対してよりよい準備をしたいと繰り返した。

The president reiterated that he wants to better prepare the military to not only deter war but win wars when called to fight.

「我々は勝つか、まったく戦わないかのどちらかしかない」とトランプは述べた。

“We’ve got to win or don’t fight it at all,” Trump said.

トランプの2018年予算への要望は両院合同会議で行われる演説の一日前(月曜日)に省庁に送られる。

Trump's proposal for the 2018 budget year is set to be sent to agencies Monday, one day before his first address to a Joint Session of Congress.

・・・

トランプが選挙期間から公約していたように、国防総省の予算は大規模な増額になる。

The Pentagon is due for a huge boost, as Trump promised during the campaign.

しかし、防衛に関わらない他省庁の予算や海外援助の計画は削減される。その削減には国務省予算も含まれる。

But many nondefense agencies and foreign aid programs are facing cuts, including at the State Department.

・・・

はっきりしないのは、この軍事費の増額は「強制削減」(※オバマ政権の頃は軍事費が一定額、強制的に削減されていた)の要件と一致するかどうかだ。今までは、議会とオバマ政権によって全面的な予算削減が必須のものとされていたのだ。

Left unclear is how such a military increase would square with the requirements of “sequestration,” the mandatory across-the-board spending caps agreed to by Congress and the Obama administration.

同時に、議会の防衛タカ派はトランプの軍拡要望に関して、2018年の6030億ドルで足りるのかどうかを問うていた。

At the same time, defense hawks on Capitol Hill questioned whether Trump’s proposed boost – which would seek a fiscal 2018 defense budget of $603 billion – would be enough.

「6030億ドルでは海軍を再建できない」と関係者は述べ、防衛費の増額が不十分であるとの懸念を表明している。

“$603 billion can’t rebuild the Navy,” said one Hill source who is concerned the defense increase is not large enough.

トランプは彼の予算計画を三月半ばに表明する。

Trump is expected to release his final budget proposal in mid-March.

大統領は金曜日の保守活動家の会合で軍事費の増額を見積もる。その予算は「アメリカの歴史で最大の建設の一つ」と公約されたものだ。

The president previewed a boost in military spending during a speech Friday to conservative activists, pledging "one of the greatest build-ups in American history."

「わが軍のすべてを実質的に更新する。攻撃面と防衛面、あらゆる領域に関して、今までよりも大規模にし、よりよく、より強いものにしたい」と彼は述べた。

"We will be substantially upgrading all of our military, all of our military, offensive, defensive, everything, bigger and better and stronger than ever before," he said.

 (出典:Trump seeking $54B increase in defense spending, cuts elsewhere Published February 27, 2017 FoxNews.com)

 軍事費の増額は「強制削減」(※オバマ政権の頃は軍事費が一定額、強制的に削減されていた)の要件と一致するかどうかが不明だと書かれていますが、その結論は明白です。

 トランプ氏は”sequestration”はやめると何度も述べています。

 今後、共和党議院と連携してやめさせるはずです。共和党内でも軍再建を支持する議員は多いので、これは不可能ではないでしょう。 

 日本から見れば途方もない金額ですが、質問した議員は、従来の6000億程度の予算では足りないと懸念しています。

 なぜそういう考え方が出てくるのかというと、軍予算はかなりの割合が維持費で消えてしまうからです。

 そこには、大規模にしないと、トランプがいう軍の更新、つまり海軍艦艇の新規建造や空軍の強化等は難しいのです。

米軍事費の内訳はどうなっている?

 オバマ政権が2016年に議会への提出した時の国防予算(国外作戦を除いた金額)構想の内訳が、日本航空宇宙工学会のレターで公開されているので、それを見てみましょう。

  • 人件費:1352億ドル
  • 作戦行動費:2059億ドル
  • 装備品調達費:1026億ドル
  • 研究開発費:714億ドル
  • 建設費:61億ドル
  • 家族住宅:13億ドル
  • 回転資金:14億ドル
  • 総計:5239億ドル(国外作戦を除く)

 人件費は、まさに軍の維持費そのものです。作戦行動日は毎年消化される活動費であり、装備品にもメンテナンス費がかかります。

 前掲資料では、もろもろのお金を足した2017年度の主要装備品の調達費総額(研究開発費を含む)は1839億ドルとされていました。調達に回せる金額は3割以下であるわけです。

 現実の軍事予算の世界では、信長の野望みたいに、お金を投下したら兵と装備がプッと出てきません。装備があっても訓練しないと使い物にならなかったり、メンテナンス費用がかかったりと、ややこしい問題の連続なのです。

 今後も、複雑な障壁を乗り越えながら、トランプ政権は米軍再建に力を注いでいくはずですが、他の分野の予算削減などがどの程度、進められるのかが気になるところです。

 イデオロギーで見ている人は「福祉を削って軍にお金を回すのは許せない」と言うのでしょうが、日本の防衛は「自衛隊が盾」「米軍が矛」という構造になっているのが現状なので、トランプ軍拡は、日本にとっては悪い話ではないでしょう。

(※産経ニュース〔3/2〕によれば、安倍首相も3月2日の参院予算委員会で、〔米軍事費の〕「増額を通じ日米同盟が強化されることは、日米両国だけでなくアジア太平洋地域の平和と繁栄にプラスになる」と述べている)

 パワーポリティクスの国際政治は「どこかが弱まればどこかが得をする」というゼロサムゲームになりがちなので、「米軍が弱体化すれば中国軍や北朝鮮軍が喜ぶ」という構図になっています。得意分野に特化して全体の富の総量を増やせる(プラスサムが生まれる)自由貿易のようには行かないわけです。

 トランプ政権の軍事費増額は中国の軍拡や北朝鮮の核開発への対抗策でもあるので、日米同盟にとってはプラスの効果があります。

 日本からニュースを見るうえで、ここを見落としてはいけないでしょう。