読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからやりなおす「政治と経済」

政治と経済について、いまさら聞けない知識を整理しつつ、ニュースがよりよくわかるデータを紹介していきます。

【米国株】アイフォン発売前後にアップル株価はどう動く?

ビジネス 経済 全記事一覧 米国株

f:id:minamiblog:20160908233002p:plain

(ヤフー株価のアップル社株価の変動図。左側の軸はドル。赤線はアイフォンの各バージョンの発売時点。大まかな図のため、多少、数字のずれがあるかもしれません)

  アイフォン7の発売が注目されていますが、筆者は8月にアイフォン6Sに変えたばかりでした。元来、「旧式でもいいや」という人間なのですが、アップル社の株価の推移は気になります。このたびのアイフォン新型が有望かどうかは、今後の株価の動きに反映されるはずですからね。

  そこで、今日の記事では、アイフォンの各バージョンが発売された日時前後に、アップル社の株価がどう動いたかをロイター社のデータから追ってみましょう。 

アイフォンの発売とアップル社の株価の動き

★初代iPhone:2007年1月9日発表、6月29日発売

アップル社株価(終値)12.25ドル(1/1)→18.82ドル(7/1)→28.3ドル(12/1)

★iPhone 3G:2008年6月9日発表、7月11日発売

アップル社株価(終値)23.92ドル(1/1)→22.71ドル(7/1)→12.19ドル(12/1)

★iPhone 3GS:2009年6月8日発表、6月19日発売(日本は6/26)

アップル社株価(終値)20.35ドル(6/1)→23.34ドル(7/1)→30.10ドル(12/1)

★iPhone 4:2010年6月7日発表、6月24日発売

アップル社株価(終値)35.93ドル(6/1)→36.75ドル(7/1)→46.08ドル(12/1)

★iPhone 4S:2011年10月5日発表、10月14日発売

アップル社株価(終値)57.83ドル(10/1)→57.86ドル(12/1)→85.65ドル(12年3/1)

★iPhone 5:2012年9月12日発表  9月21日発売(28日の国もあり)

アップル社株価(終値)95.3ドル(9/1)→85.05ドル(10/1)→76.02ドル(12/1)→56.65ドル(13年6/1)

★iPhone 5s/5c:2013年9月10日発表、9月20日発売

アップル社株価(終値)68.11ドル(9/1)→74.67ドル(10/1)→80.15ドル(12/1)

★iPhone 6/6 Plus:2014年9月9日発表、9月19日発売

アップル社株価(終値)100.75ドル(9/1)→108.00ドル(10/1)→130.28ドル(15年5/1) 

★iPhone 6s/6sPlus:2015年9月9日発表、9月25日発売

アップル社株価(終値)110.30ドル(9/1)→119.5ドル(10/1)→96.69ドル(16年2/1)

★iPhone7/7Plus:2015年9月8日発表、9月16日発売

108.36ドル(本稿初公開時9/8) →114.92ドル(9/19 16:25加筆時)

アップル株の買い時はいつだったのか?

 こうして見ると、株価が下がっているのはiPhone3G、iPhone5、iPhone6sの時です。

  ジョブズが死んだのは2011年10月5日。彼の時代の最後の商品が4Sなので、その次にあたるiPhone5は厳しい眼で見られたのではないかと思います。株価が急降下爆撃のようにどんどん下がっています・・・。しかし、このあたりの下がり目で株を買って持ち続けたら、さぞかし儲かったでしょうね。

 アップル社はiPhone5Sと6で挽回し、その後、6Sは伸び悩みつつ、株価を下げたという感じです。96.69ドルはiPhone6が出る前頃の値段なので、挽回以後、いったん株価は下がり、iPhone7の期待値を盛り込んで、今、株価は上がり、山を登るのか下山に入るのかが注目されています。

 筆者は過去のアイフォンを全部使っていないので、個々の商品のどれがよかったかは、正直、よく分かりません。また、アップル社には他の製品も数多くあるので、アイフォン以外の商品の評価も株価に影響を与えているはずなので、このあたりは、他の商品の販売時期も含めた調査が要ります。現時点ではざっとした調査なので、このデータの上に他の商品も含めた分析を加えていけたらいいなあと思っています。