読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからやりなおす「政治と経済」

政治と経済について、いまさら聞けない知識を整理しつつ、ニュースがよりよくわかるデータを紹介していきます。

トランプ相場第二幕の始まりか? 新政権の減税政策と予算教書はどうなる

トランプ大統領が予算会議を行い、前政権時代にできた予算構想を「むちゃくちゃだ」と批判。3月半ばまでには議会に予算教書を送る予定を明かした。減税を含む税改革案は2月下旬~3月初めに発表するとも過去に述べたが、そうなるかどうかはヘルスケアの改革案…

米少数部族が世界的レストランチェーンを買収して大儲け 支援したのはトランプ氏のかつての部下

フロリダのセミノール部族が世界的レストランチェーンの「ハードロック・カフェ」を買収。今は成功して少数部族が潤っているらしい。これを支援したのは会長兼CEOを務めるジェームズ・アレン氏。かつてトランプ氏のカジノ運営に携わった人物だ。

お金の使い道 若者と高齢者の比較 世代別資産分布と消費行動の違い

明治安田生命保険が発表した「シニア層と若年層の世代間ギャップに関するアンケート」を見ると消費行動のベスト3は家電、海外旅行、車。「5万円の臨時収入があったら」と聞くと20代が貯金:48.3%。70代は旅行:33.9%。この差を世代別資産の比較で探って…

サムスン電子・李副会長逮捕 韓国経済に打撃 グループ経営の未来に暗雲

李在鎔(イジェヨン)氏(サムスン電子副会長)が崔順実(チェスンシル)被告への贈賄等の容疑で2月17日に逮捕。韓国経済を担う大財閥の事実上のトップが不在に。その打撃はどこまで拡大するのか。

オロビルダム決壊危機 米国でもインフラ劣化は深刻 トランプ政権はどう動く?

サンフランシスコ北東のオロビルダムで水位上昇による決壊の危機が生じた。地元当局は13日までに下流域の住民(18万8000人以上)に避難を命じている。築50年以上の同ダムに穴が開き、危機が深刻化。米国でもインフラ補修の問題は深刻のようだ。

東芝のリスクはWH社の減損だけではない?~中国原発、ニュージェン社、LNG、ランディスギア~

東芝が2月14日に16年度の第3四半期決算を発表。昨年11月はWH社が買収したCB&Iストーン&ウェブスター社の原発建設に伴う減損が大騒ぎの火種となった。しかし、他にも中国原発の、英ニュージェン社の原発建設、LNG大量購入、ランディスギア社等の懸案事項があ…

安倍・トランプ首脳会談 同盟強化と通商貿易拡大はなるか?

安倍首相が訪米し、トランプ大統領との日米首脳会談が始まる。同盟強化、尖閣防衛、日米経済協力、通商ルールづくり、貿易協定、対日赤字の拡大、高関税農産品の問題、金融政策=為替操作論への反論など重要テーマが目白押しだ。 米中電話会談を開催して日本…

トランプ氏、日米首脳会談前に新幹線を評価。安倍首相に売込みのチャンス?

日米首脳会談前にトランプ氏が航空大手企業との会合の席で米国の交通インフラの整備を急ぐ方針を明らかにした。高速鉄道が米国にない」ことを問題視。航空インフラが時代遅れになっているとも述べた。安倍首相に新幹線の売込みのチャンス到来?

どうなる日米首脳会談 安倍ートランプ、麻生ーペンスで「確固撃破」を狙う?

トランプ大統領と安倍首相の日米首脳会談はどうなる。安倍首相は、安倍ートランプ、麻生ーペンスの枠組みをつくり、「マンツーマンディフェンス戦略」を採る(山口敬之氏)とも言われている。トランプ氏は強硬策と穏健策のどちらを採るのだろうか。

安倍・トランプの日米首脳会談で米国インフラへの投資はどうなる?

安倍首相とトランプ大統領との会談が2月10日に予定されている。ここで日本からアメリカへの投資がどの程度、促進するのか。2月初めに報じられた公的年金を米インフラに投資する「日米成長雇用イニシアチブ」の信憑性も含め、この問題について考えてみる。

トランプ政権の政策一覧~雇用創造、インフラ投資、減税、規制緩和、TPP脱退、NAFTA再交渉、軍再建、不法移民追放等~

トランプ政権の主要政策を整理してみる(随時更新)。GDP4%成長、2500万人の雇用創造、インフラ投資、減税、規制緩和、TPP脱退、NAFTA再交渉、エネルギー産業振興、軍再建、メキシコの国境の壁建設、不法移民追放等・・・。政権発足後、何が掲げられてきたのか…

トランプ氏が円安批判 規制緩和の大統領令にも署名 米国経済はどうなる?

トランプ大統領が1月31日に日本が円安ドル高に誘導していると批判。入国禁止措置への嫌悪感と相まって、為替は1ドル=112円台にまで移行。同時期にトランプ氏は規制緩和の大統領令にも署名している。同氏の経済政策でアメリカはどうなるのか?

トランプ政策の英和対訳③エネルギー政策~シェールオイルとガスの活用、化石燃料産業の復活~

トランプ氏が「キーストーンXL」と米中西部の「ダコタ・アクセス・パイプライン」建設計画の推進のために大統領権限を用いることを決めた。オバマ前大統領が環境保護のために止めた計画が復活。シェールオイル、ガス、化石燃料産業の復活が見込まれるトラ…

トランプ政策の英和対訳②雇用の創造 インフラ投資、通商政策、減税、規制緩和など

トランプ政権の主要政策の英和対訳を続ける。今回は雇用を生むための成長戦略に関する文書だ。前半は現状認識、中盤はインフラ投資、減税、規制緩和で、最後はなぜか貿易不均衡の是正で締め括られる。10年間で2500万人の雇用はどうやってつくるのか?。

トランプ政策の英和対訳①貿易:TPP脱退/NAFTA再交渉は自動車メーカーへの強烈パンチ

トランプ政権の主要政策の和英対訳・全文紹介を開始する。まずは注目の貿易政策「全てのアメリカ人のための貿易協定」から。主な内容はTPP脱退とNAFTA再交渉。狙いは日本とメキシコだ。NAFTA再交渉は自動車メーカーの生産・輸出計画にどんな打撃を与えるのだ…

ムニューチン財務長官を巡る米上院公聴会 強いドル、減税、NAFTA再交渉、規制緩和等が話題に

トランプ氏から財務長官に指名されたスティーブン・ムニューチン氏の承認を巡る上院の公聴会が19日に行われた。減税政策や規制緩和、ドル高の容認、貿易不均衡の是正、ロシア制裁等が話題にのぼり、同氏の巨額財産の税支払や利益相反の可能性等も議論されて…

習近平氏のダボス会議発言にロス氏が反撃「中国は最も保護主義的」 米中経済戦争は近い? 

習近平氏はダボス会議で保護貿易に反対すると述べた。これに対して、ウィルバー・ロス氏が「中国は最も保護主義的」だと上院公聴会で反論。反ダンピング政策の実施の可能性を示唆した。トランプ氏は「ドルが強すぎる」とも述べている。米中経済バトルが始ま…

【英EU離脱】メイ首相が欧州単一市場撤退を表明 演説後にポンド上昇(1/17)  

イギリスのEU離脱に関してメイ首相が欧州単一市場からの脱退を表明。その演説要旨と離脱の12の優先事項を見てみる。ポンド高ドル安が進行し、1/17に東証19000円割れ、円は112円台になったが、今後、イギリスはどうなるのか。

日本の平均年収は420万円 トップ企業とワースト企業の年収格差はどのぐらい?

確定申告の時期に平均年収について書いてみる。国税庁によれば民間企業の会社員(パート含む)が2015年にもらった給料の平均値は420万円。正社員男性で538万。正社員女性で367万、非正規男性で225万、非正規女性で147万。日本の平均年収トップ企業で2253万円…

2017年、日経平均株価と為替はどうなる? 専門家の予測実績を検証してみた

1月11日にはトランプ氏の当選後初記者会見があるので、株価と為替が激しく乱高下しそうだ。そこで、2017年の行方を考えるために過去の経済誌に掲載された専門家による株価と為替の予測の実績を検証してみた。的中率は何割なのか?

2017年、英国のEU離脱はどう進む? ~日本には英国との経済連携協定が必要~

1月8日にトランプ氏が大統領になることが正式に決まった。そして春には英国のメイ首相の訪米も予定されている。2017年前半の大問題となるイギリスのEU離脱。その手続きはどう進むのか。この対策となる日英経済連携協定の必要性について考えてみた

2017年、自動運転車はどうなる ホンダ、日産ルノー、アウディ等がCES2017で展示

2017年に自動運転車開発に関して、CES2017(世界最大のITと家電見本市)にてホンダ、日産ルノー、アウディ等が構想を発表。ニューヴィー(ホンダ)の無人タクシー、日産の運転サポートシステム等、盛りだくさんだが、どこが未来を制するのだろうか。

トランプ氏、トヨタを批判 フォードはメキシコ工場移転中止 どうする自動車メーカー

トランプ氏がトヨタに「アメリカで工場をつくれ、そうしなければ国境で税金をかける」と発言したことが注目されている。すでにフォード社はメキシコ工場計画を中止。GMも批判されている。今後、自動車メーカーやトランプに名指し批判された企業はどうするの…

2017年の日経平均はどうなる 週刊誌の株価・為替予測って大丈夫?

年始めに2017年の株価予測記事が各誌で掲載されている。しかし、それを読む前に2016年の各誌予測がどの程度当たったのかを知りたいものだ。今回は、週刊ポストと週刊現代の二誌をサンプルに、その予測記事の精度を検証してみた。

茨城県北部でM6.3の地震 震度6弱を観測 日本のインフラは大丈夫か? 

28日の21時半頃に茨城県北部でM6.3の地震が起き、震源地付近では震度6弱~震度5弱の揺れが観測された(震源深さは約10km)。これは東日本大震災の余震とみられるが、茨城県内では震度6弱~震度5弱の高い揺れも観測されている。市内施設で天井落下との報道…

東芝が米原発事業で数千億円の減損 株価は急落 ウェスチングハウス買収の結末は?

2015年の不正会計問題から立ち直りを計った東芝で米原発事業を巡って数千億円規模の損失が出る可能性があることが27日に明らかになった。株価は急落。前回はウェスティングハウスの収益力の低下。今回はウェスティングハウスが買収した企業の資産価値を見誤…

トランプ相場でダウ工業30銘柄の株価はどう動いた? 航空、インフラ、石油化学、金融、保険、医薬品・・・

トランプ相場はいつまで続くのか。17年の米国株はどうなるのか。ここで2017年の株価予測の参考にニューヨークダウ工業株30種の銘柄の値動きを一覧で見てみたい。トランプ当選で追い風なのは製造業、資源、石油化学、金融、保険、医薬品等だが、どれくらい株…

トランプ政権 国家通商会議創設 対中強硬派ナヴァロ氏の著作を紹介

トランプ氏は「国家通商会議(NTC)」を新設。そのトップに指名されたのは、カリフォルニア大のピーター・ナバロ氏。トランプ氏のブレーンの一人だ。ここで、ナバロ氏の『米中もし戦わば』(赤根洋子訳、飯田将史解説)を紹介してみる。

イプシロンロケット2号機発射実験(12/20)。強化型? H2Aロケットとは何が違う?

イプシロン2号機発射実験が12月20日の20時に内之浦宇宙空間観測所で行われます。このロケットはH2Aロケットとは何が違うのか。打ち上げる科学衛星エルグとは何か。前回のイプシロンよりもどこが強化されたのか。今さら聞けない基礎知識をまとめてみた。

マイナンバー対応スマホ販売の裏事情 ~システム障害続きでカード申請もままならず~

ドコモで「マイナンバーカード対応Androidスマホ」なる謎の商品が販売されている(AQUOS EVER SH-02)。iPhoneも2019年からマイナンバー対応になるらしい。トラブル続きの地方公共団体情報システム機構に業を煮やし、総務省は携帯にマイナンバー対応させよう…

これからなくなる職業ベスト10とその理由 ~ネット、人口知能、アウトソーシングに勝てますか?~

10年後に自分の仕事は残っているのか。これはどの職種でも気になる切実な問題だ。なくなる仕事のベストテンがフォーブス記事に出ていたので、それを参考に未来社会について考えてみる。ネット、人工知能、アウトソーシングの波にあなたの仕事は耐えられるだ…

日露経済協力 参加する企業はどこ? ロシア関連株は上昇中?

日露首脳会談が終わり、日露の経済共同活動が特別な制度の下、進められることが合意された。経済協力案件は80件にわたるが、どこの企業がロシア企業と協業するのか。その一覧とその中の主要企業の株価の推移を追ってみた。ロシア関連株は上昇中?

FOMC利上げ決定 株価と為替を動かすのはFRBかトランプか? 

米連邦準備理事会(FRB)は金融政策を司る連邦公開市場委員会(FOMC)で民間銀行同士での資金貸借の利率であるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%引上げた。トランプというファクターを加えた市場で、これから株価と為替はどう動くのか。

安倍プーチン会談で日露関係はどうなる? 北方領土返還、共同経済活動、平和友好条約について

15日のプーチン訪日、16日の日露首脳会談が近づいているので、今回は北方領土返還、共同経済活動、平和友好条約について予備知識の整理を試みる。四島返還を主張して二島返還がなるかどうかだとも言われる厳しい交渉は成功するのだろうか。

2017年の政治日程(経済日程含む/日本と世界) ※随時更新

17年の政治日程を並べ、来年を展望してみます。16年12月の重要行事を押さえ、その後、経済日程も含めて17年を見ていきます。1月解散、トランプ大統領正式就任、朴大統領辞任と韓国大統領選、フランス大統領選とドイツ総選挙、秋には習近平第二期政権が発足し…

海賊と呼ばれた男のモデルとなった出光佐三 どんな人生? 何をした人? 

映画「海賊と呼ばれた男」が12月10日に公開されます。『永遠の0』に続き百田尚樹氏の小説を山崎貴監督が映画化。主人公の国岡鐡造役に岡田准一氏、妻のユキ役に綾瀬はるか氏を起用。今回はモデルとなった出光佐三(出光商会創業者)の人生や発言等について…

どうなる税制大綱 ~配偶者控除の年収上限150万円へ(103万円の壁消滅)~

平成29年度の税制改正の大綱で焦点となった所得税の配偶者控除見直しの問題を取り上げてみる。その年収上限が「103万円以下」から「150万円以下」に上がるのだが、そのほかにも社会保険のパート加入義務や年収1220万円超世帯の対象除外等、今後の変更点があ…

イタリア憲法改正の国民投票 EU離脱、ユーロの信任、株と為替にどう影響する?

イタリア憲法改正の国民投票は5日朝に結果が判明する。二院制改革を越え、首相の進退問題や反EU勢力の台頭が注目されているのだ。オーストリア大統領選も同時期だが、これはEUやユーロの未来にどんな影響を与えるのか。欧州株、ユーロ円等はどうなるのだろう…

【米国株】トランプ大統領誕生で株価が上がった銘柄はどこ? 金融?ヘルスケア?

トランプ大統領の誕生に伴い、11月10日に値上がりした銘柄を調べてみる。「トランプ銘柄」なるものがネット記事等で紹介されるが、昨日の記録を見るにしくはない。NYダウ、NASDAQの米国株のうち、どの企業が値上がりしたのだろう。

慰安婦誤報後の朝日新聞 30年ぶりに売上高3000億円割れ  

慰安婦誤報や福島原発の「吉田調書」誤報後、朝日新聞はピンチに。売上高は3135億円(2013年度)⇒2748億円(2015年度)に減少。朝刊発行部数は762万部(2012年度)⇒670万部(2015年度)。新聞が人気を失うご時世に、二本の誤報のダメージは痛い。朝日新聞に…

自動運転車 17年に実用化? トヨタ、日産、グーグル、アウディの思惑    

2017年の経済を占う上で自動運転車の実用化を巡る動向を知っておきたいものだ。今、トヨタや日産、ホンダ、GMやフォード、アウディ、BMW、テスラ等のメーカーだけでなく、グーグルやマイクロソフト、インテル等のIT系大手は何を考えているのだろうか、

過去のオリンピック競技費一覧 小池知事は何億円で開催したいのか? 

小池都知事は都議会代表質問の席で、一カ月をめどに東京五輪とパラリンピック計画の見直す意向を示しました。費用圧縮が議論される昨今に合わせて、過去のオリンピックでかかった予算を一覧で紹介してみます。ソチ五輪が5.2兆円台、中国五輪は4.2兆円ほどで…

よくわかるブラジル経済 ~人口、産業、GDP、地理など~

リオ五輪が終わった。南米発の五輪が親日国ブラジルを経済危機から立ち直らせることを期待したいものです。今回は「よくわかるブラジル経済」と題して人口、産業、GDP、地理などをまとめてみた。農業、工業、資源、サービス業はどうなっているのだろうか。

【暮らし】2015年と比べて電気代、ガソリン、食料の値段は下がったのか? 

日銀が9月20日~21日に金融政策の「総括的な検証」を発表。2012年にアベノミクスがスタートしてからあと3ヶ月で4年。消費税増税後に失速気味の日本経済だが、実質GDPの推移はどうなっているのか?また、2015年と比べて電気代、ガソリン、食料の値段は下が…

【米国株】アイフォン発売前後にアップル株価はどう動く?

アイフォン7が9月16日に発売されたので、改めて、アイフォン新型の発売前後の株価の推移をチャートにしてみました。初代アイフォンから6Sまでの全バージョンの発売前後の株価の上がり下がりをフォローしています。ジョブズ死後の株価の推移にも着目しまし…

『四季報業界地図』 16年版と17年版の「注目業界ランキング」を比べてみる

『四季報業界地図』の2017年版と2016年版の中にある「注目業界ランキング」を比べてみた。四季報記者が選んだベストワン、ベストスリー、ベストテンは何だろうか。東京五輪関連?人工知能?芸能プロダクション?フィンテック?ドローン?あなたなら何を選ぶ?

台風10号の東北上陸で2016年の農業被害額は2000億円に到達?→3800億円(10/31情報)

台風9号は首都圏を直撃。台風10号は首都圏をかわして30日に東北地方に上陸。利根川水系の水不足解消にはつながらなそうだが、東北地方は農作地帯なので16年のお米の出来が心配だ。熊本地震と台風9号と10号を足すと日本の農林水産関係の被害額の総額は累計300…

オリンピック後のブラジル経済 やっぱりヤバいのか?

五輪終了後のブラジル経済は大丈夫なのか。2015年の実質GDP成長率は-3.8%。新興国への資源輸出で稼いでいたブラジルにとって資源安と中国経済低迷はサブプライム危機以上のダメージとなっている。必要なのはブラジルコストの解消ではないか。高くて複雑な税…

都道府県のGDPを外国と比べてみる 大阪VSサウジ 神奈川VSイスラエル 

都道府県の名目GDPを諸外国と比べてみる。東京都VSインドネシア、オランダ、トルコ、サウジアラビアでどちらが大きいのか。 大阪、名古屋VS南アフリカ、シンガポール、イスラエルはどうか。千葉、福岡、北海道VSバングラデシュ、ハンガリーはどうなのか。比…

よくわかる予算の話 ~特別会計と一般会計、合わせた歳入・歳出は何兆円?~ 

予算案の編成過程(概算要求⇒財務省査定⇒閣議決定⇒国会審議)や、日本の名目GDPの中の民間部門と政府部門、輸出入の比率、一般会計と特別会計の違い、歳入と歳出の主要項目など、今さら聞けない経済知識を整理してみました。