トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

日本政治

安倍政権の動向をウォッチ。外交、安全保障、財政、金融等の主要テーマを取り上げます。小池都知事の課題等も追っています。

やり直し経済学 GDPとGNP、名目と実質の違いなど。

(出所はWIKI画像)

日露共同経済活動 外務次官級協議で実現は近づくのか

北方四島での日露共同経済活動の交渉を巡って、日本とロシアの間で外務次官級協議が8月17日に行われた。そこでは双方が早期に実施する事業の絞り込み等について議論。これは現地調査の次のステップだと言える。

内閣官房長官の仕事とは 気になる官房機密費(報償費)の用途

加計学園問題の対策に菅官房長官が失敗し、内閣改造が行われた。しかし、そもそも官房長官は何をしているのか。内閣のスポークスマン意外の役割とは。また、官房機密費の用途とは?

日本に移民政策は必要か 人口統計や世論調査を見て考える

日本に移民政策は必要なのか。不要なのか。人口統計を見る限りでは、公式には移民政策を採らない日本も、外国人労働者がいなければ現場が回らないのが現状のようだ。わが国が「移民」を受け入れている人数はどの程度なのか。

敵基地攻撃能力とトマホークミサイル導入論について

北朝鮮のミサイル開発の本格化に伴い、政府が「敵基地攻撃能力」の保有の是非に関して議論を始める。2018年末の防衛大綱の見直しに合わせて18年夏を目途に結論を出す。その有力候補は米国からトマホークミサイルの購入だ。専守防衛の時代は終わるのか?

「集団的自衛権の行使」で北朝鮮ミサイルを撃墜? 勇ましい議論に内実はあるのか

金正恩政権がグアムに向けて4発の中距離弾道ミサイル(「火星12号」)を発射する計画を8月中旬につくる。ミサイルは日本の島根県、広島県、高知県の上を通るそうだが、我が国は集団的自衛権の行使で撃墜できるのか。

日本ファーストの会と「輝照塾」が発足 小池氏は都政よりも国政に夢中?

小池百合子氏の側近である若狭勝衆院議員は8月7日に記者会見し、政治団体「日本ファーストの会」を設立。国政候補者を養成するための政治塾「輝照塾」が開かれる。都政そっちのけの構想にも見えるが、都政は大丈夫か?

河野外相と安倍首相の歴史認識 一致していることが問題では

安倍首相は「歴史認識問題で河野太郎氏と立場の違いはないことを強調」。これは河野談話の検証や撤回を行う気はないことを示すものだ。しかし、それでよいのだろうか。

【安倍内閣改造】閣僚の経歴一覧 

安倍内閣改造が8月3日に行われる。ここで、安倍政権の閣僚の経歴を一覧でまとめてみる。どんな顔触れ、政策、強みを持った面々なのだろうか。

森友・加計学園問題の背景 根本原因は何か

森友学園問題を巡って、籠池夫妻(籠池泰典氏と諄子氏)が国の補助金詐取容疑で逮捕された。木材建築の普及を目指す国土交通省の補助金を申請したこと等が原因とされる。しかし、そもそも、問題の真相は何なのか。

【北朝鮮ICBM】弾道ミサイルがEEZ内に 日本の対策とは

北朝鮮が弾道ミサイルを28日の午後11時頃に発射。1000kmを飛び、日本のEEZ内に落下。安倍首相は厳重抗議。米国はICBMと断定。北朝鮮のICBM開発は制裁強化だけで止められない。日本は抑止力強化に踏み出すべきだ。

二重国籍問題 蓮舫代表が戸籍謄本の一部を公開?

民進党の蓮舫代表は「二重国籍」問題をめぐり、日本国籍を選択したことを証明するため「戸籍謄本をいつでも公開する用意がある」と述べた。13日に記者会見し、18日に台湾籍離脱を証明する公的資料を発表するとも述べた。この問題をどう見るべきか。

【日欧EPA】関税廃止の一覧リスト 大枠合意のメリットとは

日欧EPA(経済連携協定)の大枠合意がまとまった。輸出入される製品の関税はどうなるのか。その廃止or削減と期限のリストを作ってみた。一覧にしないと何のことやら分からないからだ。あなたの欲しい製品の関税はどうなっている?

日本に迫るインフラ危機 老朽化対策は大丈夫?

日本のインフラは大丈夫か。地震が多発する中で、インフラ老朽化の危険性が注目されている。産経新聞の特集や国土交通省の提言、公共事業関連予算等を参照しながら、この危機について考えてみた。

日中首脳会談 安倍晋三VS習近平のゆくえ

ハンブルクで開催されたG20サミットの開催に伴って日中首脳会談が7月8日に行われた。安倍首相VS習主席の会談の中身とは。日中関係は変わるのか。

【G20】安倍首相との各国首脳会談一覧 

G20に伴い、開催された安倍首相の首脳会談を整理。日米韓首脳会談、日韓首脳会談、日印首脳会談、日露首脳会談・・・。そのうち、日韓関係が、どうも怪しいようだ。

小池都知事の経歴から、その「野心」を読み解く

都議選は都民ファーストの会の大勝(55議席)に終わった。他の議席は以下の通り。公明党が23、民進党が5、共産党が19、自民党が23。公明党を合わせて過半数を占めた小池勢力は、今後、どう動くのか。小池都知事の経歴からその動きを予測してみる。

教育無償化のメリット・デメリット

都議選では各党が「教育無償化」を掲げた。自民は「私立小・中学校の無償化」を提唱。都民ファーストの会、公明、共産、民進は年収760万円以下の私学実質無償化を功績として宣伝。公明党は910万円未満への拡大を公約。無償化の功罪とは?

都民ファーストの会VS自民党 争点は何?  

都民ファーストの会が自民党に勝ちそうな勢いだ。産経調査によれば投票先は都民ファが24.4%。自民が23.2%。争点としてオリンピック、築地市場移転(豊洲問題)、景気の三点を挙げて、両党を比べてみた。

長野県南部の地震(M5.6)後に必要な三つの対策

長野県南部で25日の7時頃にマグニチュード(M)5.6の地震が起き、震源地付近では震度4~5が観測された。南海トラフ大地震の発生が懸念される今、震災対策として何が必要か。やはりインフラ補修か?

安倍VS翁長のバトルが「沖縄全戦没者追悼式」で再燃

沖縄全戦没者追悼式に安倍首相が出席。辺野古移設を進めることを表明。翁長知事は反発。昨年12月に最高裁は翁長知事が辺野古での埋立て承認を取消したことを違法と見なしたが、それ以前と以後のバトルの経緯はどうなっているのか。

2017都議選 各党支持率と政策比較 自民党VS都民ファーストの会のゆくえ

都議選が近づき、各党の支持率が気になるところだ。世論調査で見ると都民は豊洲移転を支持。都民の投票先の比率と各党の政策を比較したい。自民党VS都民ファーストの会のほか、公明党、共産党、民進党の主張も見ていきたい。

エネルギー基本計画に原発新増設を明記? 選挙対策で世耕経産相は否定するが・・・

経済産業省が「エネルギー基本計画」に原発新増設を明記すると日経朝刊が報じ、世耕経産相は9日に「事実無根だ」と火消しに入った。日本のエネルギー自給率の低さと火力依存度の高さを考えれば、原発維持は不可避で、新増設もあり得ない話ではなさそうだが・・…

北方領土に政府調査団を派遣 日露共同経済活動は進展するのか?

北方領土四島での共同経済活動に関して、政府調査団が5月30日(午後7時頃)にロシアのサハリン州に到着。31日にはサハリン州のコジェミャコ知事らと会談し、共同経済活動に関する打ち合わせを行う。最大の関門である「裁判管轄権」はどうなるのだろう。

改正個人情報保護法が施行 結局、何がどう変わるのか

改正個人情報保護法が5月30日から施行される。しかし、いったい、何がどう変わるのか。企業の情報担当者でも65%が改正の内容を把握できていないとも言われている。そこで、個人情報の定義、適用範囲、第三者へ渡す時のルール等について整理してみたい。

世論調査「豊洲移転」VS「築地再整備」の意外な結果 都議選はどうなる?

毎日新聞が5月末に行った電話世論調査で「豊洲移転」VS「築地再整備」のどちらを支持するか、を問うたところ、意外な結果が出た。石原慎太郎VS小池百合子のバトルが終わり、築地でも有害物質が出ることが報じられた後の調査なので、有権者も冷静になったのか…

各党の憲法改正に関する主張一覧 北朝鮮の核と日本国憲法は何という皮肉な”ベストマッチ” 

日本国憲法の成立70年を期して憲法改正に関する主張を、自民、公明、民進、共産、日本維新の会で比較してみる。北朝鮮と米国との関係が緊迫化する中で、各党は何を主張しているのか。

浜鍋元副知事ら2名を告発 百条委員会終了 いまだ豊洲市場移転の結論見えず

都議会の百条委員会は浜渦武生氏(元副知事)とその部下である赤星経昭氏(元政策報道室理事)を偽証罪で告発する。だが、肝心の豊洲移転に進展は見られない。豊洲市場の地下水のレベルでは健康被害は起きないのだが。

国民保護ポータル 開けてびっくりの内容紹介 北朝鮮危機で関心が高まったが・・・

金正恩政権の暴走から、内閣官房の「国民保護ポータルサイト」のアクセス数が急増。しかし、そもそも、国民保護って何? ミサイル攻撃とテロからの退避等の中身を紹介してみる。このポータルから入手できるパンフレットがなかなかすごい内容みたいだが・・・。

経産省が「日本スゴイ」を乱発  冊子『世界が驚くニッポン』がネットで炎上

経産省が「世界が驚く ニッポン」と題した冊子を公開し、「日本スゴイ」を乱発。内容が自画自賛的なので、メディアから批判を浴びている。安倍政権応援の産経まで批判する有様だ。クールジャパンを狙ったところ、お寒い結果が出た模様・・・。

空母型護衛艦「かが」就役 これが潜水艦から海を守る「いずも型」のスペックだ

海自の空母型護衛艦「かが」が22日に就役。哨戒機を中心に14機以上を運用するヘリ空母が日本の海を守る。約1200億円をかけてジャパンマリンユナイテッドが健三。そのスペックはどの程度?

サウジアラビア国王来日 サルマン・安倍会談の議題は何? 石油大国の経済戦略とは

サウジアラビアのサルマン国王が46年ぶりに来日。13日には安倍首相と会談、14日に天皇陛下と会見。1500人規模の随行団がもたらす消費特需にも注目されるが、安倍首相との会談の議題は何になるのだろうか。石油大国の経済戦略を追う。

【日米首脳会談】安倍首相との朝食会にCEOが参加した企業はどこ? 

安倍首相とトランプ大統領のゴルフ会談が耳目を引いた日米首脳会談。安倍首相との朝食会ではLMT社やノースイーストマグレブ等のCEOも列席。日米共同声明では同盟維持や尖閣防衛も明記されたが、二国間交渉の開始に相当する中身も盛り込まれた。

日米首脳共同記者会見 安倍・トランプ発言の英和対訳

訪米した安倍首相とトランプ大統領の共同記者会見が行われ、11日朝にその内容が各紙で報じられた。そこで、今回は英和対訳に挑戦してみる。日米同盟強化、尖閣防衛に安保五条適用、米国への日本からの投資拡大(新幹線)、貿易交渉の着手などが主たる内容。

安倍・トランプの日米首脳会談で米国インフラへの投資はどうなる?

安倍首相とトランプ大統領との会談が2月10日に予定されている。ここで日本からアメリカへの投資がどの程度、促進するのか。2月初めに報じられた公的年金を米インフラに投資する「日米成長雇用イニシアチブ」の信憑性も含め、この問題について考えてみる。

マティス国防長官訪日 海兵隊出身の「戦う修道士」の戦略とは

マティス国防長官が2月3~4日に来日し、安倍首相、稲田防衛相と会談します。「マッドドッグ」「狂犬」という言葉が添え物のように張り付くマティス氏は知的・理性的な人物なので、公聴会発言などを紹介し、その東アジア戦略を取り上げてみる。

インドネシアのジョコウィ大統領の素顔 日本とアメリカとの関係はどうなる

ジョコ・ウィドド大統領と安倍首相との間でなされるインドネシアと日本の首脳会談はどうなるのだろうか。ジョコ氏の経歴や人物像を踏まえ、議論になりそうな貿易・投資・海洋安全保障(南シナ海問題)等について考えてみた。

安倍・ドゥテルテ会談 5年間で投資1兆円合意 豪、インドネシア、ベトナム訪問はどうなる?

安倍・ドゥテルテ会談の結果、フィリピンに5年間で投資1兆円が官民で日本から行われることが合意された。次はオーストラリアのターンブル首相、インドネシアのジョコ大統領、ベトナムのグエン書記長との会談等が予定されている。安倍首相の東南アジア歴訪は…

小池知事 都議選に「希望の塾」から30人超の候補者擁立 都政のほうは大丈夫? 

小池都知事が都議選に「希望の塾」から30人以上の候補者を出し、地域政党を立ち上げる。小池勢と都議会のドンともいわれる内田茂氏との対決が本格化している。豊洲移転の最終判断が注目されているが、都政の現状は大丈夫なのだろうか。

安倍首相ハワイ訪問 オバマ氏との首脳会談の目的は慰霊?同盟強化?

安倍首相は26日にハワイに向けて出発。真珠湾攻撃に始まる日米戦死者の慰霊と日米同盟強化のためのオバマ大統領との会談が行われる予定だ。この訪問にはオバマ氏の広島訪問へのお返しや次期トランプ大統領に同盟の重要性を訴える狙いがあるが、その背景には…

東京五輪 経費1.8兆円の内訳判明 都と各県での負担案に知事困惑

東京オリンピックとパラリンピックが1.6~1.8兆円規模で開催されることが固まり、費用内訳が明らかになった。会場関係で6800億円、大会関係で8200億円。予備費は1000~3000億円。その一部に各県での負担案が突如浮上し、知事は困惑しているようだ。

日露経済協力 参加する企業はどこ? ロシア関連株は上昇中?

日露首脳会談が終わり、日露の経済共同活動が特別な制度の下、進められることが合意された。経済協力案件は80件にわたるが、どこの企業がロシア企業と協業するのか。その一覧とその中の主要企業の株価の推移を追ってみた。ロシア関連株は上昇中?

安倍プーチン会談で日露関係はどうなる? 北方領土返還、共同経済活動、平和友好条約について

15日のプーチン訪日、16日の日露首脳会談が近づいているので、今回は北方領土返還、共同経済活動、平和友好条約について予備知識の整理を試みる。四島返還を主張して二島返還がなるかどうかだとも言われる厳しい交渉は成功するのだろうか。

どうなる税制大綱 ~配偶者控除の年収上限150万円へ(103万円の壁消滅)~

平成29年度の税制改正の大綱で焦点となった所得税の配偶者控除見直しの問題を取り上げてみる。その年収上限が「103万円以下」から「150万円以下」に上がるのだが、そのほかにも社会保険のパート加入義務や年収1220万円超世帯の対象除外等、今後の変更点があ…

トランプ氏 日本の核容認発言撤回? 安倍会談後の日米同盟はどうなる? 

トランプ氏が首席補佐官に共和党主流派のラインス・プリーパス氏を選び、日本の核容認を撤回したと報道されている。これがトランプ・安倍会談にどんな影響を与えるのか。今後の日米同盟がどうなるのか。思いやり予算が増えるだけの未来は避けたいものだ。

トランプ・安倍会談の前に日米同盟の仕組みを振り返ってみよう

トランプ氏が大統領選に勝利し、驚いた安倍首相は11月17日にトランプ氏との会談を決定(河井克行首相補佐官も14日~18日にトランプ新政権関係者と会談)。現在、「トランプ政権で日米同盟はどうなる」という不安も渦巻くが、そもそも、日米同盟の仕組みはど…

インドのモディ首相ってどんな人? なぜ日印原子力協定が必要なのか?

インドからナレンドラ・モディ首相が11月10日~12日に来日。首脳会談と天皇陛下との会見を予定。日本にとってアジアの大国インドとの関係を強化するのは非常に大事だ。だが、そもそもモディ首相ってどんな人?その業績や日印原子力協定の必要性についてまと…

カザフスタンからナザルバエフ大統領が来日 ところで、その人誰? 狙いは何?【首脳会談等を追記11/7】

ロシアの南にあるカザフスタン共和国からナザルバエフ大統領が11月6日~9日に来日。安倍首相との会談や天皇陛下との会見が予定されている。今回は四度目の訪日だが、そもそも、カザフスタンってどんな国なんだろうか。

アウンサン・スーチー氏が来日 その経歴とミャンマー民主化までの歩みとは

ミャンマー民主化の象徴でもあるスーチー氏が11月1日~5日に来日。安倍首相との会談を控えていますが、そもそも、スーチーさんはどんな人生を生きてきたのでしょうか。軍政との戦いを経て今に至るまでの経歴をまとめてみた。

ユネスコ無形文化遺産に登録された 「山・鉾・屋台行事」って何? 祇園、ダンジリのこと?

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の補助機関が「京都祇園祭の山鉾行事」等を含めた18府県33件の祭りで構成する「山・鉾・屋台行事」を無形文化遺産に登録するように勧告した。いったい、どんな祭りが無形文化遺産になるのだろう。