トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

全記事一覧

米印首脳会談 トランプVSモディ 主な発言

ナレンドラ・モディ印首相が25日~26日に訪米し、トランプ大統領と首脳会談を行った。その記者会見のポイントを紹介してみる。中国のライバル国であるインドは、今後、どのように米国と関係強化を図るのか。

米最高裁 入国禁止令の一部執行を容認 トランプ勝利か

イスラム圏の6カ国からの入国を禁じる大統領令に関して、連邦最高裁は26日に、当面の判断として、その執行を条件付きで容認。トランプ大統領は「明白な勝利だ」と宣言。賛成・反対を巡り、国を二分するこの問題の経緯を振り返る。

都民ファーストの会VS自民党 争点は何?  

都民ファーストの会が自民党に勝ちそうな勢いだ。産経調査によれば投票先は都民ファが24.4%。自民が23.2%。争点としてオリンピック、築地市場移転(豊洲問題)、景気の三点を挙げて、両党を比べてみた。

長野県南部の地震(M5.6)後に必要な三つの対策

長野県南部で25日の7時頃にマグニチュード(M)5.6の地震が起き、震源地付近では震度4~5が観測された。南海トラフ大地震の発生が懸念される今、震災対策として何が必要か。やはりインフラ補修か?

安倍VS翁長のバトルが「沖縄全戦没者追悼式」で再燃

沖縄全戦没者追悼式に安倍首相が出席。辺野古移設を進めることを表明。翁長知事は反発。昨年12月に最高裁は翁長知事が辺野古での埋立て承認を取消したことを違法と見なしたが、それ以前と以後のバトルの経緯はどうなっているのか。

モスル陥落前に読むトランプの中東政策:IS打倒と各国外交の方針  

IS打倒、モスル解放の日が近づいている。戦後の青写真を考えるために、トランプ政権の中東政策を考えてみる。トランプ政権は、シリア、サウジアラビア、イラン、トルコ、イスラエルについてどう考えているのかるのか。

トランプの通商貿易政策 中国の不公正貿易をWTO提訴へ

トランプ政権が中国をWTO違反で提訴する意向だ。ライトバイザーUSTR代表が明かした。同政権の通商貿易政策を大統領令から読む。

オバマケア代替法案は上院を通過できるか

オバマケア代替法案を巡る攻防戦はどうなる。修正した法案が5月4日に下院で可決され、今年の夏(7月頃?)には上院で審議されるとも言われる。オバマケア代替法案の具体的な中身とその影響とは?

ドッド・フランク法はどう変わる 法案と大統領令の概略

ドッドフランク法(金融規制改革法)を見直す法案が下院で可決された。リーマン・ショック後の金融規制(ボルカールール等)が大幅に変わるのかどうか。上院通過は困難ともいわれるが、法案と大統領令の双方を見てみたい。

エマニュエル・マクロン大統領の経歴と政策

フランス下院選は新大統領率いる「共和国前進」が大勝利。ここで、エマニュエル・マクロン大統領の経歴、政策、発言 、当選への反応などを総チェックしてみる。マクロン氏はケネディやナポレオンになぞらえるが、その実像は?

「ヒアリ」上陸 毒で刺された時の対策とは 

神戸の人工島ポートアイランドのコンテナに入っていた「ヒアリ」(強毒アリの一種)がコンテナ保管場所から30mほど離れたアスファルト舗装の亀裂部(3カ所)に潜んでいたことが確認された。要警戒の毒アリの正体を整理。

トランプ政権のインフラ政策 30秒でわかる説明動画

トランプ政権のインフラ投資のプランがよくわかる動画を紹介。「アメリカのインフラを再建するトランプ大統領の計画」と題してホワイトハウスHPは6月8日に説明動画を公開した。動画とHP記事の英文を日本語訳してみる。

ウーバー・テクノロジーズ社の問題点は何だろう  

ウーバー・テクノロジーズのCEOであるトラビス・カラニック氏が従業員宛てメールで無期限休職の意向を明かした。今後は14人の幹部が経営する。セクハラ問題噴出以降のウーバーはどうなるのか。

プーチン大統領と国民との直接対話(2017)注目の主要発言

プーチン大統領が6月15日に、ロシア恒例の一大イベントである、「国民との直接対話」(プーチン・ホットライン)を行った。北方領土、米ロ関係、シリア、ロシア経済、後継者等をめぐって率直な発言がなされている。

2017都議選 各党支持率と政策比較 自民党VS都民ファーストの会のゆくえ

都議選が近づき、各党の支持率が気になるところだ。世論調査で見ると都民は豊洲移転を支持。都民の投票先の比率と各党の政策を比較したい。自民党VS都民ファーストの会のほか、公明党、共産党、民進党の主張も見ていきたい。

小池都知事 豊洲・築地併用で市場移転問題を解決?

小池都知事が6月16日の記者会見で、築地市場移転問題に結論を出すことになった。豊洲移転か築地再整備か。しかし、都知事は第三の道で「豊洲・築地併用」を考えているらしい。そんなの本当に可能なのか?

米国企業の決算発表スケジュール一覧(2017年6月~7月)

6月から米国企業の決算が公になり、7月末には決算発表ラッシュになる。政治日程を見ると、6月にはトランプVSコミーのバトルがが続き、EU離脱を巡って英国とフランスとの違いが明確に。7月にはプーチンと習近平、トランプの双方で首脳会談がある。どの企業の…

東南アジアとオーストラリアの指導者一覧

東南アジア(ASEAN)とオーストラリアの指導者(首相や大統領)の経歴を一覧してみた。スーチー、フック、トーンシン、プラユット、フン・セン、リー・シェンロン、ナジブ・ラザク、ハサナル・ボルキア国王、ドゥテルテ、ジョコウィ、ターンブル。名前と国名…

フランス下院選はどうなる? マクロン率いる「前進」の大勝か?

フランス下院選の第一回投票日は6月11日。第二回投票が6月18日(日)に行われる。大統領選ではマクロン氏が勝利を収めたので、その勢いに乗じて、議会でも同氏が率いる「前進」が大勝利するとも言われるが、どうなるのか。

エネルギー基本計画に原発新増設を明記? 選挙対策で世耕経産相は否定するが・・・

経済産業省が「エネルギー基本計画」に原発新増設を明記すると日経朝刊が報じ、世耕経産相は9日に「事実無根だ」と火消しに入った。日本のエネルギー自給率の低さと火力依存度の高さを考えれば、原発維持は不可避で、新増設もあり得ない話ではなさそうだが・・…

ヨーロッパの政治日程 最大の争点はEU離脱 英総選挙以降はどうなるのか?  

イギリスのEU離脱を巡ってイギリスでは総選挙が行われた。その後はフランスの下院選挙でマクロン新大統領の新党が国民に支持されるか否かも問われる。波乱含みの今後の欧州はどうなるのか。ヨーロッパの政治日程を整理してみた。

コミーFBI前長官の証言のポイント(抜粋・和訳)トランプ氏は何を要求した? 

コミーFBI前長官が議会証言のために用意した文書が英字新聞で公開されている。大統領とのやり取りを英和対訳で抜粋。トランプ氏は何を要求したのか。不正行為はあったのだろうか。

特別会計 何が問題? 一般会計と合わせた規模は何兆円?

特別会計とは何だろう。一般会計も含めて日本の財政はどうなっているのか。この分かりにくい問題の背景には、どんな闇が潜んでいるのか。『特別会計ハンドブック』を手掛りに考えてみる。

貧困からのしあがった9人の富豪 ビリオネア・マインドって何だろう

フォーブスが「貧困から世界的富豪にのし上がった経営者たち」を紹介。ラリー・エリソン。李嘉誠。ジャン・コウム。ロマン・アブラモビッチ。シャヒド・カーン。ハワード・シュルツ。ジョン・ポール・デジョリア。オプラ・ウィンフリー。デビッド・マードッ…

世界競争力ランキング一覧(1位~63位) あなたは納得できますか?

国際経営開発研究所(IMD)が、6月4日に2017年度版の「世界競争力年鑑」を発表。これは競争力を高める体制がどれだけ整っているかを各国比較したランキング。1位は香港、2位がスイス、3位がシンガポール、4位がアメリカ、5位がオランダだそうだ。

マティス国防長官 中国の南シナ海の領土的な野心を批判(シンガポールのシャングリラ対話)

マティス米国防長官がシンガポールで開催されたシャングリラ対話で南シナ海における中国の領土的な野心を批判。アメリカは5月24日に軍艦を南シナ海にて航行させる「航行の自由作戦」を展開。中国へも警告を出し始めている。

米国のパリ協定離脱 トランプ声名で露わになったCO2削減目標の問題点

トランプ大統領が地球温暖化対策のための「パリ協定」から離脱を決断。マクロン仏大統領や麻生副総理らが批判。世界で一騒動が起きている。だが、この協定にも問題がある。それは中国等のCO2削減目標だ・・・。

家計節約 どこから始める? 食費、通信費、教育費、保険料・・・

給料が頭打ち? そこで家計節約について考えてみた。食費、通信費、教育費、保険料・・・。やはり固定費節約が要だ。コストカットを、どこから始めればいいんだろう。

H-IIAロケットで準天頂衛星「みちびき」を打上げ JAXAと三菱重工業の挑戦は成功するのか?

準天頂衛星「みちびき」2号機をのせたH2Aロケット(34号機)が6月1日に打ち上げられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業が種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)で実験を行う。しかし、そもそも「H-IIAロケット」と「イプシロンロケット…

北方領土に政府調査団を派遣 日露共同経済活動は進展するのか?

北方領土四島での共同経済活動に関して、政府調査団が5月30日(午後7時頃)にロシアのサハリン州に到着。31日にはサハリン州のコジェミャコ知事らと会談し、共同経済活動に関する打ち合わせを行う。最大の関門である「裁判管轄権」はどうなるのだろう。

改正個人情報保護法が施行 結局、何がどう変わるのか

改正個人情報保護法が5月30日から施行される。しかし、いったい、何がどう変わるのか。企業の情報担当者でも65%が改正の内容を把握できていないとも言われている。そこで、個人情報の定義、適用範囲、第三者へ渡す時のルール等について整理してみたい。

北朝鮮のサイバー攻撃への対策はあるか 7000人のハッカーが日本を狙っている?

北朝鮮が29日に短距離弾道ミサイルを発射し、東アジアで緊張感が高まった。しかし、北朝鮮のサイバー戦力も油断禁物だ。何しろ、5月のサイバー攻撃も北朝鮮の関与が指摘されているのだから。そのハッキング力はどの程度なのだろうか。

世論調査「豊洲移転」VS「築地再整備」の意外な結果 都議選はどうなる?

毎日新聞が5月末に行った電話世論調査で「豊洲移転」VS「築地再整備」のどちらを支持するか、を問うたところ、意外な結果が出た。石原慎太郎VS小池百合子のバトルが終わり、築地でも有害物質が出ることが報じられた後の調査なので、有権者も冷静になったのか…

北朝鮮ミサイルが日本の排他的経済水域に落下 制裁効かず 頼りになるのは同盟と抑止力強化のみ

北朝鮮が短距離弾道ミサイルを29日午前に発射。日本のEEZ内に落下した。菅義偉官房長官と安倍首相が抗議。もはや制裁で金正恩は止められないので、日米同盟と自衛隊強化しか選択肢はない。韓国はこのご時世に「徳政令」にうつつを抜かしているーー世も末の東…

日本の長者番付一覧(1位~50位)資産額、年齢、性別、業種等に要注目

フォーブス(2017年7月号)には、日本の長者番付が載っていた。孫正義氏:2兆2640億円、柳井正氏:1兆8200億円、佐治信忠:1兆4650億円、滝崎武光氏:1兆3880億円。5位の三木谷氏が6770億円。6位~45位は5000億円~1050億円なので、意外と僅差で多数の長者が…

『不発弾』(相場英雄著)は東芝危機を予見していた? 投資家必読の小説のあらすじ等を紹介

東芝危機を予見していたともいわれる、相場英雄氏の『不発弾』。そのあらすじや読みどころ等を紹介。相場氏は2005年に『デフォルト-債務不履行』でデビュー。その後、『震える牛』『血の轍』『ガラパゴス』をヒットさせた気鋭の作家だ。

テロで緊迫する欧州にトランプ氏が訪問 NATO首脳会議に参加

トランプ大統領は5月24日にはヴァチカン市国を訪問し、ローマ法王と初会談。軋轢が報じられた両者の関係は今回の訪問で両者の関係は修復された。その後、25日には英テロ後の緊迫の中で、同氏はNATO首脳会議に参加する。これはNATOとの関係修復の総仕上げだ。

トランプ予算教書 10年間で400兆円の歳出削減で軍事費、インフラ投資等を賄う 減税実現はなるか

トランプ大統領は外遊中ですが、その間にアメリカでは議会で予算教書が提出された。10年間で約400兆円の歳出削減や軍事費拡大、インフラ投資等が主な内容だが、低所得者層への経済援助の打ち切り等が特に注目された。各紙報道を比較してみる。

トランプのイスラエル訪問。ネタニヤフ首相との会談で「中東和平」を目指す?

トランプ大統領とイスラエルのネタニヤフ首相は5月22日にエルサレム市内で首脳会談を行った。パレスチナ和平の実現やIS打倒の連携を含む安全保障面での連携がうたわれたようだ。ロシアへの情報漏洩の件は大騒ぎしないことにした模様。

北朝鮮 再び弾道ミサイル発射 トランプVS金正恩の対決は長期化する?

5月21日に北朝鮮が再び中距離弾道ミサイル(北極星2号)を発射。発射距離は500キロ、高度は560キロ。日本の排他的経済水域(EEZ)に落ちた。だがトランプ氏は中東歴訪中。トランプVS金正恩の対決は長期化するのか?

トランプのサウジ訪問 12兆円の巨額兵器売却に合意 初外遊後の中東はどうなる?

トランプ大統領が初外遊を行い、まずはサウジアラビアを訪問。約1100億ドル(約12兆円)の武器売却で合意した。今後、22日にイスラエル訪問。23日にパレスチナ自治区を訪問。24日にローマ教皇と会談。25日に欧州理事会議長やマクロン仏大統領とも会談。26日…

フォーブスが「世界で最も革新的な成長企業のランキング」を公開 有望株はどこだ

フォーブスが「世界で最も革新的な成長企業」のランキングを公開した。ライトムーブ(英国)、デクスコム(米国)、エイソス(英国)、インシュレットコープ(米国)、エムスリー(日本)、モノタロウ(日本)等が上位に入ったようだ。

【加計学園】新学部創設は総理の意向? 菅官房長官は文書の存在を否定するが・・・

学校法人「加計学園」が運営に携わる岡山理科大の獣医学部開設にあたり、文科省で発見されたとされる文書が物議をかもしている。玉木雄一郎氏(民進党)が問いただしたが、菅官房長官はその文書の存在を否定。森友学園問題の続編が始まったのか?

文在寅VSトランプの火種 THAADミサイルって何だ? 中国や北朝鮮は何を警戒?

文在寅VSトランプの火種となりそうなTHAADミサイル。米軍と韓国軍の間でも費用負担に関して意見は一致しない。しかし、そもそもミサイル防衛システムとは何だ? サードのレーダーはすごいと言われるが、その性能とは?

東芝の「決算」発表 監査法人の承認はなし ウェスティングデジタルとの係争も深刻

東芝が平成28年3月期の連結決算の見通しを5月15日に発表。最終損益が9500億円の赤字となる見通し。綱川智社長は懲りずに「決算が発表できないことをお詫び申し上げる」と述べた。未だに監査法人の承認は得られていないようだ。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射 文在寅大統領はどうする 米韓は連携できるのか

北朝鮮が14日にミサイルを発射した。韓国軍合同参謀本部は平安北道・亀城(クソン)一帯から1発の弾道ミサイルが撃たれたとみている。文在寅大統領はどうする。トランプ政権は限定攻撃に踏み込めるのか。プーチン訪中時の習政権はさらなる制裁に踏み込むのか…

中国で「一帯一路」フォーラム迫る AIIBとシルクロード基金はどうなる?

中国政府は北京にて、「一帯一路」フォーラムを5月14日~15日に開催。AIIBとシルクロード基金の融資が伸びるのかどうかは気になるところだ。インフラ投資を促進し、中国から欧州までを結ぶ経済ネットワークの構築を目指す、この構想は成功するのだろうか。

コミ―FBI長官辞任 トランプVSプーチンの狭間で揺れる米国 米露和解の可能性はあるのか?

トランプ大統領は米国の大統領選にロシアが介入した疑惑への調査を指揮していたコミ―FBI長官を解任。民主党等が捜査妨害だとして反発している。確かに怪しくはあるが、大局的には米露和解自体は必要なのではないか?

トヨタが二期連続の減益 最大のリスクは・・・やはりトランプ政権?

トヨタ自動車の豊田章男社長は3月10日に3月期の連結決算を発表。2期連続の減益となり、豊田社長は、これをスポーツでの連敗にたとえた。トランプ政権誕生以降の時代の波にもまれつつあるトヨタ自動車は、今後、どうなるのか。

文在寅氏当選確実 どうなる韓国 親北・反米・反日の”ベストミックス”がついに実現?

韓国大統領選も9日に投票が終わり、文在寅氏(「共に民主党」前代表)の当確が報じられている。文氏の経歴、政策はどんな内容なのか。やはり、噂通りの親北・反米・反日の”ベストミックス”が実現してしまうのか。