トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

中東

モスル陥落前に読むトランプの中東政策:IS打倒と各国外交の方針  

IS打倒、モスル解放の日が近づいている。戦後の青写真を考えるために、トランプ政権の中東政策を考えてみる。トランプ政権は、シリア、サウジアラビア、イラン、トルコ、イスラエルについてどう考えているのかるのか。

トランプのイスラエル訪問。ネタニヤフ首相との会談で「中東和平」を目指す?

トランプ大統領とイスラエルのネタニヤフ首相は5月22日にエルサレム市内で首脳会談を行った。パレスチナ和平の実現やIS打倒の連携を含む安全保障面での連携がうたわれたようだ。ロシアへの情報漏洩の件は大騒ぎしないことにした模様。

トランプのサウジ訪問 12兆円の巨額兵器売却に合意 初外遊後の中東はどうなる?

トランプ大統領が初外遊を行い、まずはサウジアラビアを訪問。約1100億ドル(約12兆円)の武器売却で合意した。今後、22日にイスラエル訪問。23日にパレスチナ自治区を訪問。24日にローマ教皇と会談。25日に欧州理事会議長やマクロン仏大統領とも会談。26日…

なぜトランプ政権はシリアをミサイル攻撃したのか? 国務長官の発言から考える

トランプ大統領はシリアの空軍基地にトマホークミサイルでの攻撃を決断。その意思決定の背景を、ティラーソン国務長官とマクマスター国家安全保障問題担当大統領補佐官の記者会見から探ってみる。意思決定前のロシアとの協議はなかったようだ。

トランプVSシシ 米国とエジプトが首脳会談 IS打倒で連携 パレスチナ和平はどうなる?

エジプトのシシ大統領が訪米。トランプ大統領と首脳会談を行っている。対IS等、イスラム過激派との戦いで連携することや米国が軍事援助を行うこと等が決まる見通しだ。ただ、パレスチナ和平に関しては不透明なので、2月のネタニヤフ訪米時の言動を振り返って…

サウジアラビア国王来日 サルマン・安倍会談の議題は何? 石油大国の経済戦略とは

サウジアラビアのサルマン国王が46年ぶりに来日。13日には安倍首相と会談、14日に天皇陛下と会見。1500人規模の随行団がもたらす消費特需にも注目されるが、安倍首相との会談の議題は何になるのだろうか。石油大国の経済戦略を追う。

イスラム国VS米英仏、イラク、クルド人、ベシュメルガ モスルからラッカ制圧へ

ISIL(「イスラム国」)が支配するイラク第二の都モスルでは、欧米軍の空爆の援護を受けながらイラク軍とクルド人部隊「ペシュメルガ」が戦闘を継続中。7日には、拘束された日本人ジャーナリストが解放された、というニュースも報道された。今後、ISとの戦い…