トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

テクノロジー

人工知能(AI)や自動運転、空飛ぶ自動車等の新技術のニュースを追う。

「H2Aロケット」打上げ 日本の宇宙開発はどうなる

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は8月19日に日本政府の準天頂衛星「みちびき3号機」を搭載した「H2Aロケット」35号機を打上げる。「みちびき3号機」はカーナビやスマホ等で広く使われているGPSの精度向上を目指し、赤道上空の高度約36000キロに発…

空飛ぶ自動車 2017年に販売開始? 各社の試みを一覧

2020年に五輪の聖火点灯者を乗せることを目標に日本でも「空飛ぶ自動車」の開発が進んでいる。しかし、各国のほうが進んでいるようだ。空飛ぶ飛行機の実験場となったドバイ。ヨーロッパでもエアバス社が17年内に試験飛行を開始。各国の試みを追ってみた。

AIが共産党批判 製造元のテンセントの現状とは 

テンセント社の人工知能(AI)の対話プログラムが共産党を批判。中国の夢は「米国への移住」等と皮肉を連発。ネット民は「AIによる蜂起だ」「国家転覆を企てた」等とも述べている。7.5億人にまで広がった中国のネット空間はどうなるのか。

AI(人工知能)導入の実例一覧 問題点は何? 世界がどう変わる? 

AI(人工知能)への注目度は上がっているが、導入の実例はわりと断片的な紹介が多い。そこで、実例をまとめて紹介してみる。AIに伴う失業増、軍事利用の危険性等も指摘されるが、その問題点とは何だろうか。また、「AI民主化」を目指すIT大手の思惑とは?

葛西敬之著『飛躍への挑戦』を読んでみた ~新幹線開通のドラマ、海外展開とリニアの夢~

葛西敬之氏(JR東海代表取締役名誉会長)が『飛躍への挑戦』と題して著書を公刊。副題は「国鉄民営化30年─我が回想と秘録」。2月には米国での新幹線敷設を安倍首相はトランプ大統領に提言したが、それを支える葛西氏は何を主張しているのか?

人工知能(AI)VS人間の結果一覧 ポーカー、碁、ゲーム、翻訳、執筆、CM作成、操縦・・・

3月には人工知能(AI)と人間が囲碁等で戦うイベントが多めに開催されている。昨年はグーグルのアルファ碁がプロを破ったことが世の耳目を引いた。どうも最近はポーカーやゲーム等でもAIが優勢らしい。日経の決算単身速報でもAI記者が出現。大量失業時代が近…

マイナンバー対応スマホ販売の裏事情 ~システム障害続きでカード申請もままならず~

ドコモで「マイナンバーカード対応Androidスマホ」なる謎の商品が販売されている(AQUOS EVER SH-02)。iPhoneも2019年からマイナンバー対応になるらしい。トラブル続きの地方公共団体情報システム機構に業を煮やし、総務省は携帯にマイナンバー対応させよう…

これからなくなる職業ベスト10とその理由 ~ネット、人口知能、アウトソーシングに勝てますか?~

10年後に自分の仕事は残っているのか。これはどの職種でも気になる切実な問題だ。なくなる仕事のベストテンがフォーブス記事に出ていたので、それを参考に未来社会について考えてみる。ネット、人工知能、アウトソーシングの波にあなたの仕事は耐えられるだ…

自動運転車 17年に実用化? トヨタ、日産、グーグル、アウディの思惑    

2017年の経済を占う上で自動運転車の実用化を巡る動向を知っておきたいものだ。今、トヨタや日産、ホンダ、GMやフォード、アウディ、BMW、テスラ等のメーカーだけでなく、グーグルやマイクロソフト、インテル等のIT系大手は何を考えているのだろうか、