トランプ政権と日本・アジア 2017

米国株や為替に影響する時事問題を中心に政治動向をウォッチ。今さら聞けない常識も再確認。

乙支フリーダムガーディアンとは 米韓軍事演習の歴史

8月21日から米韓合同演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」が始まる。これは3~4月の「キーリゾルブ」「フォールイーグル」とは何が違うのか。韓国軍5万人、米軍17500人の訓練は何を目指すのか。

第二期習近平政権は「政治」「経済」「言論」の自由の抑圧に向かう

数千人の香港市民が8月20日にデモを行った。雨傘革命を主導した3人の若者に実刑判決が出されたことに抗議している。17年秋に第二期習政権が発足するが、どうやら向かう先は「自由の抑圧」らしい。

【スティーブン・バノン辞任】更迭閣僚3人目 その人物像とは

トランプ大統領当選の立役者となり、米国第一を主導したスティーブン・バノン氏(首席戦略官兼上級顧問)が8月18日に辞任。政権内部での路線対立と権力闘争が激化。グローバリストの勝利だ。マイケルフリン氏、ラインス・プリーバス氏につぐ三人目の閣僚辞任…

やり直し経済学 GDPとGNP、名目と実質の違いなど。

今さら聞けないGDPを復習。成長率は新基準でかさ上げされた? GDP(国内総生産)とGNP(国民総生産)は何が違う? GDPの実質値と名目値の違いとは。GDPの三面等価とは GDPの公式って・・・?

「H2Aロケット」打上げ 日本の宇宙開発はどうなる

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は8月19日に日本政府の準天頂衛星「みちびき3号機」を搭載した「H2Aロケット」35号機を打上げる。「みちびき3号機」はカーナビやスマホ等で広く使われているGPSの精度向上を目指し、赤道上空の高度約36000キロに発…

日露共同経済活動 外務次官級協議で実現は近づくのか

北方四島での日露共同経済活動の交渉を巡って、日本とロシアの間で外務次官級協議が8月17日に行われた。そこでは双方が早期に実施する事業の絞り込み等について議論。これは現地調査の次のステップだと言える。

トランプのNAFTA再交渉 米国VSカナダ、メキシコの行方

NAFTA(北米自由貿易協定)を巡ってアメリカ、カナダ、メキシコの3国の交渉が16日に始まる。「原産地規則」等の争点はどうなるのか。日本企業がその交渉の行方に注目している。

内閣官房長官の仕事とは 気になる官房機密費(報償費)の用途

加計学園問題の対策に菅官房長官が失敗し、内閣改造が行われた。しかし、そもそも官房長官は何をしているのか。内閣のスポークスマン意外の役割とは。また、官房機密費の用途とは?

【2017年上半期ベストセラー】ランキングとヒットメーカーの本音を探る

2017年上半期ベストセラーはどうなった。お盆休みの読書記事を書いてみる。ランキング1~20位の紹介と、ヒットメーカーの見城徹氏の発想に焦点を当ててみる。

日本に移民政策は必要か 人口統計や世論調査を見て考える

日本に移民政策は必要なのか。不要なのか。人口統計を見る限りでは、公式には移民政策を採らない日本も、外国人労働者がいなければ現場が回らないのが現状のようだ。わが国が「移民」を受け入れている人数はどの程度なのか。

米通商法301条に基づく調査が始まる トランプ政権が対中制裁へ

通商法301条ー。90年代の日本を揺るがした「懐かしい」法律が復活か。 トランプ大統領が中国に経済制裁を行うために、8月に通商法301条に基づいた調査を開始。知的財産の侵害や外国企業に対する技術移転の強要について調べる。今後、米国は対中制裁に踏み込…

敵基地攻撃能力とトマホークミサイル導入論について

北朝鮮のミサイル開発の本格化に伴い、政府が「敵基地攻撃能力」の保有の是非に関して議論を始める。2018年末の防衛大綱の見直しに合わせて18年夏を目途に結論を出す。その有力候補は米国からトマホークミサイルの購入だ。専守防衛の時代は終わるのか?

「集団的自衛権の行使」で北朝鮮ミサイルを撃墜? 勇ましい議論に内実はあるのか

金正恩政権がグアムに向けて4発の中距離弾道ミサイル(「火星12号」)を発射する計画を8月中旬につくる。ミサイルは日本の島根県、広島県、高知県の上を通るそうだが、我が国は集団的自衛権の行使で撃墜できるのか。

【トランプ対金正恩】核の小型化と北朝鮮攻撃計画について

(韓国の自由公園に立つマッカーサー像。出所はWIKI画像)

空飛ぶ自動車 2017年に販売開始? 各社の試みを一覧

2020年に五輪の聖火点灯者を乗せることを目標に日本でも「空飛ぶ自動車」の開発が進んでいる。しかし、各国のほうが進んでいるようだ。空飛ぶ飛行機の実験場となったドバイ。ヨーロッパでもエアバス社が17年内に試験飛行を開始。各国の試みを追ってみた。